シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

公式サイト:http://songofthesea.jp/
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
(C) Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Norlum
英題:
SONG OF THE SEA
製作年:
2014年
製作国:
アイルランド/ルクセンブルク/ベルギー/フランス/デンマーク
日本公開:
2016年8月20日
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
提供・配給:
チャイルド・フィルム / ミラクルヴォイス
提供:
ミッドシップ
カラー

チェック:アイルランドの神話をベースに、妖精の母と人間の父の間に誕生した兄妹が繰り広げる冒険を描くアニメーション。主人公の少年と妹が、失われつつあるマジカルワールドへと足を踏み入れる姿を映し出す。監督を務めるのは、北アイルランド出身で、本作が2作目のアカデミー賞長編アニメ賞ノミネート作となったトム・ムーア監督。彼らの冒険の行方と、映像美に引き寄せられる。

ストーリー:小さなベンは、いつもいろいろなおとぎ話や歌を教えてくれる心優しい母親ブロナーと、父親コナーと共に海沿いにある灯台の家で暮らしていた。赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた彼は、ある晩、母に海の歌が聞こえる貝の笛をプレゼントされ、大喜びして笛を抱きしめたまま眠りに落ちる。翌日彼が起きると、妹のシアーシャを残したまま、母の姿はなく……。

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
(C) Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Norlum

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    EGO-WRAPPIN'中納良恵の吹替版も凄そう。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ケルト民話にあるアザラシの妖精セルビーは、ジョン・セイルズの『フィオナの海』で知った題材。でも今回の監督は、中世装飾福音書の挿絵がそのまま動き出したような『ブレンダンとケルズの秘密』(大阪ヨーロッパ映画祭で上映)で、アイルランド美術の魅力をアニメーションによって知らしめたトム・ムーアだ。今回も全篇にわたって円形あるいは半円をモチーフとした幾何学的かつグラフィカルなスタイルで魅せるが、物語は現代であって、人物キャラはどこか東映動画的で動きも多い。羽衣伝説にも通じる物語だし、監督のジブリ好きは周知のことでもあるしで、やはり欧州伝説の土台がある『崖の上のポニョ』との関連性を想わせるのも面白い。

  • なかざわひでゆき
    ノスタルジックで想像力豊かな映像に目も心も奪われる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     人間と妖精が共存する神話的なアイルランドの田舎を舞台に、妖精の血を引く兄妹の数奇な冒険が描かれる。それはもう美しくて愛らしい、幻想的でドリーミーなアニメーションだ。
     日本のアニメにインスパイアされたという作画デザインは、ジブリや東映アニメ、「まんが日本昔ばなし」は勿論、日本アニメに影響を与えたソビエトアニメの数々(特に「野の白鳥」)やロッテ・ライニガーのシルエットアニメをも彷彿とさせ、そのノスタルジックで想像力豊かな映像に目も心も奪われる。
     家族の絆の大切さを謳いあげた、切なくも温かい物語にもキュンとくる。全てのシーンを切り取って額縁に入れ、部屋中に飾りたい。そんな衝動にも駆られる傑作。

動画

アカデミー賞長編アニメ候補作『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』予告編

写真ギャラリー

(C) Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Norlum

ポスター/チラシ

  • 映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』チラシ
    チラシ
  • 映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』特製オリジナル・クリアファイル
    特製オリジナル・クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・製作:
アートディレクター・プロダクションデザイン: エイドリアン・ミリガウ
ヘッド・オブ・ストーリー: ノラ・トゥーミー

キャスト

(声の出演)
コナー/マクリル:
おばあちゃん:
ブロナー:
シアーシャ:
フェリー・ダン/グレート・シャナキー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 日本とアイルランドの【結び】~映画「ソング・オブ・ザ・シー 海の歌」 from エンターテイメント日誌 (2016年9月27日 22時23分)
    評価:A 本作は第87回アカデミー賞で長編アニメーション映画賞にノミネートされ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」 from ここなつ映画レビュー (2016年9月4日 13時23分)
    以前、「キリクと魔女」というフランス・ベルギー・ルクセンブルクのアニメ映画を観たことがある。アフリカの村で産まれたキリクという名の赤ん坊が、段々と成長して、囚われ人を救う為に魔女を追って旅に出る物語だ。美しく、力強く、鮮やかで魔的で、大変印象に残る作品だった。私の外国アニメ映画に対する印象は一変したと言っていい。今回鑑賞した「ソング・オブ・ザ・シー~」は、先の「キリク~」と似ていると思った。アニメーションのテイストは全然違うのだけれど、私にとってあまり馴染みのない地域の(本作の舞台はアイルランド)、伝説、妖 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ソング・オブ・ザ・シー 海のうた・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年8月26日 23時29分)
    優しい海の歌に抱かれて。 アイルランドの奥深い歴史と文化を背景とした、珠玉のファンタジーアニメーション。 描かれるのは、灯台守りの子として孤島で暮らす幼い兄妹の大冒険とそれぞれの成長だ。 世界観を形作るアイルランドの妖精たちの世界が、実に自然に子供達の流離譚に組み込まれている。 物語も良く出来ているが、アニメーションのデザイン性が極めて高く、美しいグラフィックスを眺めているだけで... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ソング・オブ・ザ・シー 海のうた Songs of the Sea 本来アカデミー賞のはず… 瑞々しさに溢れるアニメーションがやっと公開! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年7月25日 6時24分)
    2014年1月のNY、あまりに寒いので飛び込んだ映画館で観た一本。 当然、予備知識ゼロ。 感想を ひと言でいうと、 「いや―、世界には、いろいろ才能があるもんだ!!!」 当たり前のようなシーンに、見たことないような瑞々しいアニメ表現が次々と・・... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月15日の週の公開作品
  3. 『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』