シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
青空エール
(C) 2016 映画「青空エール」製作委員会 (C) 河原和音/集英社
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年8月20日
(全国東宝系)
上映時間:
製作:
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ / 朝日新聞社 / 博報堂DYメディアパートナーズ / ジェイアール東日本企画 / 集英社 / 日本出版販売 / KDDI / 東急エージェンシー / ホリプロ / 丸井グループ / 博報堂 / GYAO
製作プロダクション:
東宝映画
製作・配給:
東宝
カラー

チェック:『高校デビュー』『俺物語!!』の原作者・河原和音による人気コミックを、『アオハライド』などの三木孝浩監督が映画化した青春ドラマ。初心者ながら吹奏楽の名門校に入学した女子高生と、同級生の野球部員が互いへの気持ちを胸に、共に励まし合いながら甲子園を目指す姿を描く。主演を『orange−オレンジ−』などの土屋太鳳が務めるほか、『仮面ライダードライブ』シリーズなどの竹内涼真、NHK連続テレビ小説「まれ」で土屋演じるヒロインの弟を演じた葉山奨之が顔をそろえる。

ストーリー:甲子園のスタンドで野球部の応援にいそしむ吹奏楽部にほれ込み、名門・白翔高校に入学した小野つばさ(土屋太鳳)は、野球部の山田大介(竹内涼真)と出会う。互いに甲子園を目標に頑張ろうと約束を交わすが、トランペット初心者のつばさはなかなかうまくいかず、くじけることもしばしば。そんな彼女を励まし、同じクラスでもある大介にいつしか惹(ひ)かれていくつばさだったが……。

青空エール
(C) 2016 映画「青空エール」製作委員会 (C) 河原和音/集英社

映画短評

  • くれい響
    三木孝浩監督の本領発揮!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    “一緒に甲子園に行こう”といえば「タッチ」だが、すぐに2人が恋愛に発展しない流れも、同様の流れを汲んでいる。ただ、ヒロインが野球部マネージャーとしてではなく、ブラバンとしてスタンドから応援する微妙な距離感。これこそ、繊細な演出と美しい映像が持ち味の三木孝浩監督の本領発揮だろう。それゆえ上野樹里を吹奏楽部の顧問役に持ってくるあざとさも、あまりの熱演ゆえに一人だけ浮いた志田未来の存在も許せる。改めて、『くちびるに歌を』のような変化球より、直球の方が巧い監督であることを実感。個人的に竹内涼真を初めていいと思った作品でもあるが、「キセキ」のカヴァーがあまりに薄っぺらに聴こえるのはいかがなものか?

動画

『青空エール』土屋太鳳 竹内涼真 葉山奨之インタビュー 悩んでいた土屋を変えた母の教え
今週のMOVIEランキング 2016.8.20-21
今週のMOVIEランキング 2016.8.27-28
今週のMOVIEランキング 2016.9.3-4

写真ギャラリー

(C) 2016映画「青空エール」製作委員会 (C) 河原和音/集英社

ポスター/チラシ

  • 映画『青空エール』ポスター
    ポスター
  • 映画『青空エール』ポスター
    ポスター
  • 映画『青空エール』チラシ
    チラシ
  • 映画『青空エール』チラシ
    チラシ
  • 映画『青空エール』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『青空エール』ふたりのエールお守り
    ふたりのエールお守り

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 河原和音
脚本: 持地佑季子
音楽: 林ゆうき
主題歌: whiteeeen
製作: 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
企画・プロデュース: 臼井央 / 春名慶
プロデューサー: 川田尚広 / 石黒裕亮
撮影: 清久素延
美術: 花谷秀文
録音: 豊田真一
照明: 小笠原篤志
編集: 坂東直哉
助監督: 清水勇気
製作担当: 片平大輔
音楽プロデューサー: 北原京子
プロダクション統括: 佐藤毅

キャスト

小野つばさ:
山田大介:
水島亜希:
城戸保志:
春日瞳:
脇田陽万里:
澤あかね:
碓井航太:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『青空エール』の映画ニュース

  • あいくるしい笑顔が印象的な、18歳の誕生日を迎えたばかりの女優・平祐奈。タレントの平愛梨を姉に持つが、バラエティー番組などのイメージが強い姉に対し、祐奈は女優色が...に挑むことが多い。この夏公開された映画『青空エール』や、来春公開の『ReLIFE』でもみずみずし...
  • 人気漫画「先生!」の実写映画化で生田斗真と初共演する女優の広瀬すずが11日にTwitterを更新し、高校教師の伊藤貢作(生田)との恋に落ちる女子高生・島田響を演じるために...(集英社)で長期連載されたコミックで、『青空エール』や『俺物語!!』など近年実写化が相次ぐ河...
  • 1996年から2003年まで別冊マーガレット(集英社)で長期連載された人気漫画「先生!」が、生田斗真&広瀬すず主演で実写映画化されることが決定した。『ホットロード』『アオ...います」と心境を語っている。 原作は、『青空エール』や『俺物語!!』など近年実写化が相次ぐ河...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「青空エール」 from ここなつ映画レビュー (2016年8月29日 13時15分)
    こっぱずかしいくらいに胸きゅんになりたい、と、突然私の中の何かが呟いたので、行って来ました「青空エール」。…こっぱずかしくなんか全然なかった…。胸きゅんというよりむしろ熱い感動。すごくすごく、本当にすごーく良い作品!超オススメ!鑑賞中は近年稀に見る号泣で、その点だけは自分で自分がこっぱずかしかった。それは認めよう。けれど、劇場内からはあちこちから涙を拭く音、鼻をすする音がし、上映終了後は、「泣き過ぎてうるさくてゴメン」とか「やばい、こんなに泣くとは」とか連れに話していた観客も結構いたので、私だけが異常に泣い ...[外部サイトの続きを読む]
  • 青空エール from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年8月20日 20時47分)
    公式サイト。河原和音原作、三木孝浩監督。土屋太鳳、竹内涼真、上野樹里、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平祐奈、山田裕貴。「orange-オレンジ-」で見た一途で切なげな ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月15日の週の公開作品
  3. 『青空エール』