シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

公式サイト:http://sekai-shinryaku.jp/
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
(C) 2015, NORTH END PRODUCTIONS
英題:
WHERE TO INVADE NEXT
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年5月27日
上映時間:
配給:
KADOKAWA
製作会社:
Dog Eat Dog Films / IMG Films
カラー

チェック:『ボウリング・フォー・コロンバイン』『シッコ』などで、アメリカの社会問題にユニークな視点で切り込んできたマイケル・ムーア監督によるドキュメンタリー。今回彼はアメリカの政策に自ら進んで参加し、世界中の“あるモノ”を余すところなく自国に持ち帰るというミッションを遂行する。ムーアは監督、製作、脚本などを一人で担当。ムーア監督の新境地ともいえる意欲作に引き込まれる。

ストーリー:これまで政府に目の上のたんこぶ扱いされてきた映画監督のマイケル・ムーアは、ある日、アメリカ国防総省のお偉方たちにある相談を持ち掛けられる。彼らの必死の訴えに心を動かされた彼は、国防総省に代わり自分が侵略者として世界中に出動することを提案する。ムーアは空母ロナルド・レーガンに乗り込み、ヨーロッパへと向かう。

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
(C) 2015, NORTH END PRODUCTIONS

映画短評

  • 中山 治美
    泣けるマイケル・ムーア
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ”防総省に依頼されてムーアが世界侵略”云々の設定は、寒い。だが相変わらず米国社会をぶった斬る視点は冴えている。労働・教育・人権など、他国で効果を上げている政策から自国を見つめ直す、いわば比較文化論。それは競争社会で生きる我々にも当てはまる課題で、実に身につまされる内容だ。
     今回はスタイルを変え、国や企業のトップなどにアポ有り取材。いずれの政策も、何よりの財産は人であり、健全なる生活あってこそ!という理念に基づいていることを主張する。例え理想論であったとしても、あるべきリーダーの姿が羨ましくて泣けてくる。そんな彼らがムーアの浅はかな挑発を、論破するのもまた見どころである。

  • なかざわひでゆき
    時代の空気を読んだマイケル・ムーアの新路線
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     マイケル・ムーア監督が米政府から世界侵略を任せられる…という設定のもと、米国にはない世界各国の“良いところ”ばかりをバラエティ番組ノリで紹介していく。
     過去作とは一線を画すポジティブな語り口に、ムーア監督もえらく丸くなったという印象を受けるかもしれない。しかし、トランプ旋風が吹き荒れる昨今のアメリカ。声高に自国批判を叫んでも届きにくいことを悟った、彼ならではの変化球的なアプローチだ。ある意味で成熟とも言えよう。
     就労者に優しいイタリアの労働環境、若者に負担をかけないスロベニアの教育制度など、世界の素晴らしいシステムを楽しく紹介した末にたどり着く事実。この大いなる皮肉こそが本作の真骨頂だ。

  • くれい響
    ここがヘンだよ、世界番付
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    世界侵略というと、重苦しい感じもするが、これまで“ここがヘンだよアメリカ”を追ったマイケル・ムーアが、海外に目を向けただけの話。1年で8週間の有給があるイタリアの労働環境や、宿題がないのに学力トップクラスのフィンランドの教育など、親しみやすいネタを笑いを交えてツッコミまくる。基本的に各国の美点に焦点を当てたバラエティ番組のような構成のため、これまでのムーア作品に比べ、ライトで楽観的なイメージも受けるが、最長刑期21年なのに世界一再犯率の低いノルウェーの刑務所あたりから、ガッツリと社会派な展開に突入。『オズの魔法使い』というより「青い鳥」な着地点もいささか強引に感じるが、これはこれで悪くない。

  • 森 直人
    「目から鱗」を採取するシステム改善のための教養バラエティー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    彼は何しにヨーロッパ諸国へ行ったのか。それは世界の「良いとこ探し」。また全てが、実はアメリカの理想の原点であった事を再確認するため。この“米国に戻る”ブーメラン的な視座こそがムーアの流儀の肝となる。

    今回は彼なりの「幸福論」であり、楽しい学習の旅だ。我々の凝り固まった認識のフレームを柔らかく広げるため、あえてポジティブな片面だけを見る取材姿勢は結構大胆。とはいえ今の北欧はやっぱり凄いなと素直に感嘆させられたりも。

    ムーア作品はあからさまな啓蒙性が批判の的にもなるが、筆者は好き。それは彼の事を、ブレない定点からプロテストを歌い続けるシンガーソングライターのような人だと思っているからだ。

動画

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.5.28-29

ポスター/チラシ

  • 映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』ポスター
    ポスター
  • 映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』チラシ
    チラシ
  • 映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作・脚本・“侵略”:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年11月7日 3時32分)
    マイケル・ムーアが米軍の代わりにヨーロッパやアフリカ諸国を侵略し米国に役立つ制度や文化を持ち帰ろうとする。 しかし各国の現状にマイケルは驚愕させられる。  フランスの田舎の小学校の、子供たちのために何が良いのかを考え抜いた給食がすごい。野菜が高いから幼稚園と小学校の子供たちの給食を2日間とはいえ中止にして子供たちの心を傷つけるどこかの国とはあまりに違い過ぎる。  マイケルは米国人として... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年6月16日 23時9分)
    映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』は、久々のマイケル・ムーア監督のドキュ ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年6月9日 0時10分)
    Where to Invade Next [DVD] [Import] [DVD]過激なアポなし突撃取材でアメリカが抱える問題を一刀両断にしてきた映画監督マイケル・ムーアは、アメリカ国防総省の幹部の切実な懇願から、ヨーロ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ / Where to Invade Next from 勝手に映画評 (2016年6月4日 18時36分)
    ハリセンボン近藤春菜とクリソツでお馴染みの???、アメリカのドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアが、「世界の中心はアメリカでしょ?なんでもアメリカが世界の基準でしょ?」と言わんばかりにヨーロッパに意気込んで“侵略”して行った事の次第を表したドキュメン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年6月4日 6時25分)
    (原題:WHERE TO INVADE NEXT)観ている間は面白い。取り上げられている題材も興味深い。しかし、この作家が物事を表層的にしか捉えていないのは、相変わらずだ。ひょっとしたら、社会的・歴史的な深い考察を試みないのは彼だけではなく、アメリカ人自体の特徴ではな... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月23日の週の公開作品
  3. 『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』