シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ハドソン川の奇跡
(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved
英題:
SULLY
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年9月24日
(新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。

ストーリー:2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

ハドソン川の奇跡
(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved

映画短評

  • 中山 治美
    英雄伝が成立したのも、厳しい事故調の追及あってこそ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    155人の命を救った機長VS.事故調査委員会。
    スピルバーグらしく信念貫く人物が主人公で、事故調が悪役に見えがち。
    しかし、ハドソン川不時着という機長の判断は正しかったか?
    9?11後の米国では疑念を持たれるのも当然であり、
    事故調のそこまでやるか!の追及には感嘆すら抱く。
    事故調が入っても、うやむやになること多々の日本に暮らしていると尚更。
    『ニュースの真相』でも描かれて板が、責任の所在を明確にさせる社会の違いを見せつけられた。
    機長も身の潔白が証明されたワケだが、一点でも曇りがあったら今頃…。
    本作で事故を振り返り、死者が出なかったことも含めて丸く収まって良かったとしみじみ。

  • くれい響
    これだけ盛り込んでイーストウッド監督作、最短の96分
    ★★★★
    »読む«閉じる

    前作『アメリカン・スナイパー』に続き、イーストウッド監督が“アメリカの英雄”について問う本作。事故の一部始終はもちろん、一躍国民的英雄になった一方、調査委員会の理不尽な追及もあり、家族に会えない機長の苦悩や葛藤、将来の不安など、見応えある人間ドラマ。さらに、コンピューターのシミュレーションにクギづけになるクライマックスまで、たっぷり盛り込みながら、全監督作中、最短の96分という尺に驚かされる。困難に立ち向かうキャプテンを演じさせれば、右に出る者はいないトム・ハンクスのブレない演技も、トッド・コマーニキの脚色も見事。ハンクスの盟友、ロバート・ゼメキスによる『フライト』と観比べるのも一興だ。

  • 山縣みどり
    機械には真似できない“人間的要素”の重さを知る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ハドソン川に飛行機が着水の報道を知り、サリー機長に「ブラボー!」と喝采を贈った一人だが、英雄のはずの彼が航空会社の厳しい調査を受けていたことは知らなかった。パイロット歴40年のキャリアと人命をかけた決断の是非を問われるプレッシャーをクリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスが手堅く描き、見る側はチーム・サリーに! やるべき仕事をこなすプロの自覚と機械には絶対に真似できない“人間的要素”の重さが伝わってくる。コンピューターがチェスや将棋、碁の王者を次々に打破しているけれど、計算で割り切れないのが人間の強みなんだよね。上陸後、悠然とコーヒーを飲んでいた機長の映像が無かったのが残念かな。

  • なかざわひでゆき
    英雄の戸惑いと葛藤から浮かび上がる生と死の表裏一体
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ハドソン川への不時着で乗員乗客を救った国内線機長の英断は当時日本でも話題となったが、イーストウッド監督はその機長の知られざる葛藤に焦点を当てていく。
     果たして彼の決断は本当に正しかったのか。事故調査委員会の理不尽な追及に追い詰められていく機長が、いかにして自らの正当性を立証していくのかがストーリーの鍵となるわけだが、しかし本作の核心は別のところにあると言えよう。
     いきなり英雄へ祭り上げられる戸惑い、もし最悪の結果を招いていたらという恐怖。浮かび上がるのは生と死の表裏一体だ。そういう意味では「ヒアアフター」を彷彿とさせる点も多く、近年のイーストウッド作品に共通する死生観が見えてくる。

  • 相馬 学
    アナクロの美学、そして笑顔の美学
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『ブラッド・ワーク』『人生の特等席』等でアナクロな生を体現してきたイーストウッドがコンピューターの過信に警鐘を鳴らす映画を撮るのは、ある意味必然的。

     主人公は多くの人命を救ったにも関わらず過失を問われる。その根拠がコンピューターによるシミュレーション、という点がミソ。人間は完璧ではないが、それゆえに人々の心を動かすことができる。そんな要素は、まさにマンパワーを信じるイーストウッドらしさ、だ。

     同時に本作は“笑顔”の物語でもある。若い頃に“飛行士なら笑顔でいろ”と言われた主人公は、ほとんど笑顔を見せないが、だからこそ結末には救われる。笑顔を呼ぶ要素はコンピューターでは計算できないのだ。

動画

映画『ハドソン川の奇跡』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.9.22-24
今週のMOVIEランキング 2016.9.24-25
今週のMOVIEランキング 2016.10.1-2

写真ギャラリー

(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved

ポスター/チラシ

  • 映画『ハドソン川の奇跡』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

チェスリー・“サリー”・サレンバーガー:
ジェフ・スカイルズ:
ローリー・サレンバーガー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ハドソン川の奇跡』の映画ニュース

  • 第22回放送映画批評家協会賞のノミネーションが発表され、映画『ラ・ラ・ランド』が最多12ノミネートを獲得した。 次いで10部門でノミネートされたのは、ゴッサム・インディ... the Sea』 『ムーンライト(原題)』 『ハドソン川の奇跡』 ■主演男優賞 ケイシー・アフレック 『マ...
  • 「脱出王」の異名をとったアメリカの奇術師ハリー・フーディーニを描いた映画で、『10 クローバーフィールド・レーン』のダン・トラクテンバーグが監督交渉に入ったとDeadl...ineが報じている。 本作は、映画『ハドソン川の奇跡』のフランク・マーシャルと、『世界にひと...
  • “100%監督主義!”と題して外国映画監督の現在を徹底特集した「キネマ旬報 11 月下旬号」(発売中)にて、「評論家 100 人が選ぶ、期待の外国映画監督ベスト・テン」が発表さ...輝いたのは、『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』などのクリント・イーストウッド監督。...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ハドソン川の奇跡 from 映画のメモ帳+α (2016年10月11日 0時7分)
    ハドソン川の奇跡(2016 アメリカ) 原題   SULLY 監督   クリント・イーストウッド 原作   チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー ジェフリー・ザスロウ 脚本   トッド・コマーニキ 撮影   トム・スターン 音楽   クリスチャン・ジェイコブ ザ・ティアニー・サットン・バンド 出演   トム・ハンクス アーロン・エッカート ローラ・リニー       アンナ・ガン オータム・リーサー ホルト・マッキャラニー マイク・オマリー       ジェイミー・シェリダン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ハドソン川の奇跡 当ブログは目撃者なので当事者?のため、涙が止まらない… 評論不可(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年10月11日 0時4分)
    実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。 その様子は当時、以下のようにレポート。 NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (1) NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (2) NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (3) この調子で、(10)まであります。 また、総論もアップ。 NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論) NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論2) . ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハドソン川の奇跡 from 映画三昧、活字中毒 (2016年10月1日 23時53分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ハドソン川の奇跡/SULLY 2016年/アメリカ/96分 監督: クリント・イーストウッド 出演: トム・ハンクス/アーロン・エッカート/ローラ・リニー 公式サイト 公開: 2016年09月24日 2009年01月15日、サリーことチェズレイ・サレンバーガー機長とジェフ・スカイルズ副機長の操縦するUSエアウェイズ、カクタス1549便は、定刻通... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ハドソン川の奇跡』 イーストウッド遂に乗り出す from 映画のブログ (2016年10月1日 1時19分)
    【ネタバレ注意】  なるほど、物議をかもす映画である。  ワーナー・ブラザースの重役は、『ハドソン川の奇跡』をいつ封切るべきか思い悩んだという。旅客機がマンハッタンの摩天楼に激突して大参事になるかもしれない、そんな映画をよりにもよって9.11――4機の旅客機が建物に突入したアメリカ同時多発テロ事件――の15周年にぶつけたら客足に悪い影響があるかもしれない。そう心配するのはとうぜ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ハドソン川の奇跡」凄い、素晴らしい…。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2016年9月29日 21時21分)
    [ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード  世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、クリント・イーストウッド。いやあ~、この人やっぱり凄いわ~!  2009年1月15日、ニューヨークのラガーディア空港を飛び立ったUSエアウェイズ1549便は、離陸直後に鳥の群れと遭遇。バードストライクにより、2基有るエンジン両方の出力を喪失してしまう。副操縦士・スカイルズ(アーロン・エッカート)による懸命の作業も空しく、機の ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年9月19日の週の公開作品
  3. 『ハドソン川の奇跡』