シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状

公式サイト:http://thegreatmuseum.jp/
グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
(C) Navigator Film 2014
英題:
THE GREAT MUSEUM
製作年:
2014年
製作国:
オーストリア
日本公開:
2016年11月26日
(ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
後援:
ウィーン美術史美術館 / オーストリア大使館
提供・配給:
ドマ / スターサンズ
提供:
ハピネット
配給協力:
コピアポア・フィルム
CP/カラー

チェック:世界的に高い知名度を誇り、2016年に創立125周年を迎えるウィーン美術史美術館改装の舞台裏を描いたドキュメンタリー。2012年から始まった改装工事に密着し、再オープンに向けて館長から美術史家、運搬係、清掃員らさまざまなスタッフが、貴重な美術品を最高の形で展示する過程を活写する。絵画の修復作業やオークションの様子、予算の問題など、通常は知ることができない美術館の裏側が興味深い。

ストーリー:ハプスブルク家のコレクションや、ピーテル・ブリューゲル作「バベルの塔」「農民の踊り」など膨大な美術品を所蔵し、ヨーロッパを代表する美術館として名高いウィーン美術史美術館。2012年からスタートした改装工事をフィーチャーし、館長から修復家、ゲストサービス、コレクション責任者、清掃員ら多くのスタッフにカメラを向け、それぞれのドラマを映す。

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
(C) Navigator Film 2014

映画短評

  • なかざわひでゆき
    伝統の上に胡座などかいていられない現代の美術館事情
    ★★★★
    »読む«閉じる

     500年以上に渡ってハプスブルグ家が収集してきた美術品を所蔵するウィーン美術史美術館。その改装工事の様子に密着した本ドキュメンタリーからは、ヨーロッパでも指折りの由緒正しい美術館を取り巻く様々な裏事情が垣間見えてくる。
     世界的なグローバル化の波にさらされ、利益を上げないことには存続も危うい。新たな顧客を獲得すべくブランド戦略を練り、若い世代にも興味を持ってもらえるような展示方法を模索するスタッフの姿からは、もはや伝統の上に胡座などかいていられない時代の厳しさが滲む。
     さらには、修復作業の過程で名画に隠された意外な真実が明らかになるなど、とにかく目からウロコの面白いネタも盛りだくさんだ。

動画

ウィーン美術史美術館改装の内幕に迫る!映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』予告編

写真ギャラリー

(C) Navigator Film 2014

ポスター/チラシ

  • 映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』ポスター
    ポスター
  • 映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』チラシ
    チラシ
  • 映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』オリジナルクリアファイル(A5版)
    オリジナルクリアファイル(A5版)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月21日の週の公開作品
  3. 『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』