シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

死霊館 エンフィールド事件

死霊館 エンフィールド事件
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
英題:
THE CONJURING 2
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年7月9日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
シネマスコープ/デジタル

チェック:著名な心霊研究家ウォーレン夫妻の実体験に基づく大ヒットホラー『死霊館』の続編。史上最長のポルターガイスト現象とされるエンフィールド事件を題材に、人体浮遊など説明のつかない現象に悩まされる一家を救うため、ウォーレン夫妻が調査に乗り出す。前作に続きジェームズ・ワン監督と、夫妻役のパトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガがタッグを組む。共演には、『A.I.』などのフランシス・オコナー、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』などのマディソン・ウルフらが名を連ねる。

ストーリー:ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は、正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現象に悩まされていた。助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため彼らの家に向かう。幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な闇に危機感を抱き……。

死霊館 エンフィールド事件
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • 相馬 学
    怖いだけではなく、ドラマの良き浪花節も魅力!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ホラーで2時間強の作品など、そうそうないが、今をときめくジェームズ・ワン監督作で、大ヒット作の続編となれば必然か。実話に基づきつつ、この長尺に見合う内容なのだから驚いた。

     ロンドンの長屋的住宅の無機質なたたずまいを再現しつつ心霊現象を活写。ごく普通の一家が被害に遭う前作のタッチを踏襲しつつも、前作で活躍した心霊探偵ウォーレン夫妻と被害者一家との交流はより密となり、その共闘はエモーショナルに彩られる。

     恐怖以前に人間ドラマがあるからこその長尺。『ワイルド・スピード SKY MISSION』の演出経験が効いたのかどうかは知らないが、ワン監督の良い意味での浪花節演出が活きた。

  • なかざわひでゆき
    この夏、マジで怖いホラー映画を見たければ絶対にこれ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     実在の心霊研究家ウォーレン夫妻のオカルト事件簿を映画化したシリーズ第2弾は、ロンドンの住宅街で実際に起きたポルターガイスト騒動を描く。
     壊れかけた被害者家族の心の隙間を狙って悪霊がとり憑く、という設定は前作と同様だが、今回はそこに愛する家族を危険に晒してまで他者を助ける必要があるのか?というウォーレン夫妻自身の疑念や不安が映し出される。登場人物に感情移入できてこそ、恐怖も一層のこと盛り上がるというわけだ。
     コケおどし的なショックシーンや、巧妙などんでん返しのスリル溢れる演出も見事。心霊現象というテーマに対する姿勢も極めて真剣だ。改めてジェイムズ・ワン監督の力量を思い知らされる。

  • 平沢 薫
    監督自身がこの世界を信じている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     1970代に活躍した実在の超常現象研究家夫妻を主人公に、実際に起きた出来事を記録通りに映像化する、というのがこのシリーズのコンセプト。映画的アレンジはあるが、エンドクレジットには、事件の記録写真と映画のシーンが並べて掲載され、本作がいかに記録を忠実に再現しているかを見せつける。
     ホラー映画というジャンルで、"発見された映像"ものやSNSものなど、生活の変化に沿った新たな手法が次々に登場する中、ジェームズ・ワン監督があくまでも伝統的な手法を用いる理由は、彼のこの言葉にあるのだろう、「僕はこの夫妻とこの世界を信じている」。事件は前作とは別の独立したものだが、夫妻の関係性はより深く描かれている。

  • 森 直人
    元気いっぱいのポルターガイスト
    ★★★★
    »読む«閉じる

    名作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を経て、ジェームズ・ワンはますます絶好調。わりと優等生的だった前の『死霊館』に比べ、今回はえらくド派手でパワフル。実在のオカルト系研究家・ウォーレン夫妻はもはや作中人物としてキャラ立ちしており、名探偵ならぬ“名ハンター再登場”にワクワク!

    いきなり“77年ロンドン”にクラッシュの「ロンドン・コーリング」(79年)が高らかに鳴り響いたのにはずっこけたが(続いてホリーズの「バス・ストップ」って、ノリだけかよ!)、そのざっくりしたナタ捌きが大ぶりの魅力に転じている。『悪魔の棲む家』以上に『ポルターガイスト』のハイパー版といった趣の活劇度の高さ!

動画

映画『死霊館 エンフィールド事件』予告編
恐怖の3連発『死霊館 エンフィールド事件』本編映像
今週のHOT MOVIES 2016.7.8-9

ポスター/チラシ

  • 映画『死霊館 エンフィールド事件』ポスター
    ポスター
  • 映画『死霊館 エンフィールド事件』チラシ
    チラシ
  • 映画『死霊館 エンフィールド事件』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・原案:

キャスト

ロレイン・ウォーレン:
エド・ウォーレン:
ペギー・ホジソン:
ジャネット・ホジソン:
モーリス・グロッセ:
アニータ・グレゴリー:
マーガレット・ホジソン:
ビリー・ホジソン:
ジョニー・ホジソン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『死霊館 エンフィールド事件』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 死霊館 エンフィールド事件 (2016) ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年12月2日 3時6分)
    「死霊館(2013)」の続編。ウォーレン夫妻は米国で1万件以上の心霊現象を調査してきた実在の人物。前作によれば、ロレインには透視能力があり、エドはカトリック教会が公認した悪魔研究家(Demonologist)。映画に登場する英国の心霊現象研究協会(SPR)のモリス・グロス、アニタ・グレゴリーも実在の人物。  本作は1977年にロンドン北部のエンフィールド地区ブリムズタウンで起きて大きく... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【死霊館 エンフィールド事件】恐怖の実話エンフィールド事件!Σ(゜Д゜) from 元ボクサーの一念発起 (2016年11月15日 17時2分)
    あの恐怖の死霊館の続編が帰ってきた!! 全米で大ヒットを記録したホラー「死霊館」のシリーズ第2弾!実在の心霊研究家ウォーレン夫妻が追った史上最長のポルターガイスト現象とされるエンフィールド事件を題材に描いた続編です! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!ポルターガイスト怖いです。 【作品情報】 原題:THE CONJURING 2洋画:ホラー製作年:2016年製作国:アメリカ日本公開:2016年7月9日レンタル開始:2016年11月9日上映時間:134分公式サイト あらすじ ロンドン北部&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 死霊館 エンフィールド事件 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年7月17日 22時55分)
    エルヴィスの死んだ年にエルビスを歌うって不謹慎じゃないか 公式サイト。原題:The Conjuring 2。 ジェームズ・ワン監督。ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「死霊館 エンフィールド事件・・・・・評価額1700円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年7月15日 23時15分)
    その恐怖は、どこまでも追ってくる。 実在の心霊研究家、ウォーレン夫妻の恐怖事件簿を描くシリーズ第二弾。 素晴らしい出来栄えである。 現役屈指のホラー・マイスター、ジェームズ・ワンが脚本を読んで、ホラー映画卒業宣言を撤回してまで監督しただけのことはある。? 個人的には一作目より怖かったし、10年代オカルト・ホラー映画のベスト、と言って良と思う。 今回俎上に載せられるのは、1977... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 死霊館 エンフィールド事件 from Akira's VOICE (2016年7月15日 18時47分)
    悪魔さん来ないで。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月4日の週の公開作品
  3. 『死霊館 エンフィールド事件』