シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

好きにならずにいられない

好きにならずにいられない
(C) Rasmus Videbaek
英題:
VIRGIN MOUNTAIN
製作年:
2014年
製作国:
アイスランド/デンマーク
日本公開:
2016年6月18日
(ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
後援:
アイスランド大使館 / デンマーク大使館
配給:
マジックアワー
カラー/2.35:1/デジタル/5.1ch

チェック:43歳独身で女性経験なし、内気な大男の恋の行方を描き、世界各国の映画祭で絶賛されたアイスランド発のドラマ。少女と一緒にいるだけで誘拐したと勘違いされるような風貌の主人公が、心に傷を負った女性との出会いを通じ新たな人生に踏み出すさまを描く。メガホンを取るのは、『氷の国のノイ』などのダーグル・カウリ。主人公を、監督が約15年前に携わった番組で一目ぼれしたというグンナル・ヨンソンが演じる。

ストーリー:43歳独身、空港の荷物係として勤務する巨漢のフーシ(グンナル・ヨンソン)は、人付き合いが苦手で女性経験もなく、戦車や兵士の小さなフィギュアを集めてジオラマを作るのが唯一の楽しみ。そんな息子を見かねた母親とその恋人は、出会いの機会を作ろうと誕生日祝いにダンススクールのクーポンをプレゼントする。気が乗らないもののスクールに向かったフーシは、小柄な女性シェヴン(リムル・クリスチャンスドウティル)と出会い、瞬く間に恋に落ちるが……。

好きにならずにいられない
(C) Rasmus Videbaek

映画短評

  • 山縣みどり
    タイトル通り、おデブな主人公が愛おしくなります
    ★★★★
    »読む«閉じる

    おデブでオタクでビールよりもミルク好き、と主人公フーシは絶対に女性から見抜きもされないタイプ。そんな彼がメンヘラ系女性との出会いをきっかけに少しずつ変わっていく様子を見つめる監督の視線が優しく、見ている私も「彼の恋が実りますように!」と祈る思い。フーシをからかうゲスな同僚に怒り、脱・童貞に「やったね」という気持ちになり、まさに母親気分でフーシを見守る94分。恋したことで彼が心の扉を徐々に開き、世界観も変わっていく過程に思わずこみ上げるものが……。大人になると忘れがちな“心の美しさ”をフーシが再確認させてくれた。美貌や富、社会的地位なんて優しさに比べると実はさほどの価値はないんだよね。

動画

巨漢で優しい男が恋をした!映画『好きにならずにいられない』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『好きにならずにいられない』ポスター
    ポスター
  • 映画『好きにならずにいられない』チラシ
    チラシ
  • 映画『好きにならずにいられない』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『好きにならずにいられない』オリジナルチケットケース
    オリジナルチケットケース

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・編集:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『好きにならずにいられない』の映画ニュース

  • お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが6日、都内で行われた映画『好きにならずにいられない』トーク付き試写会に出席。成人用玩具を扱うTENGAの松本光一社長と交際中の川村...を踏み出していく。(取材/錦怜那) 映画『好きにならずにいられない』は6月18日よりヒューマントラストシネマ...
  • 少女漫画が原作の恋愛映画が盛りだくさんな6月こそ恋人や気になるあの子を映画デートに誘ってみたい! でも作品のチョイスに失敗して気まずい雰囲気になってしまうのは避けた...ド発の中年オタク男の初めての恋を描いた『好きにならずにいられない』(6月18日公開)などが公開。また他作品...
  • ボサノヴァの第一人者として知られる歌手の小野リサが、水谷豊が主演する映画『王妃の館』(来年G.W.公開)のエンディング曲を担当することがわかった。水谷は「映画『王妃...)」。エルヴィス・プレスリーのシングル「好きにならずにいられない」のモチーフとしても有名で、歌詞に「愛の...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月13日の週の公開作品
  3. 『好きにならずにいられない』