シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

人生は狂詩曲(ラプソディ)

人生は狂詩曲(ラプソディ)
(C) 2014 EYEWORKS, SAMSA FILM EN ENTRE CHIEN ET LOUP
英題:
BELGIAN RHAPSODY
製作年:
2014年
製作国:
ベルギー/ルクセンブルク
日本公開:
2016年7月16日
(シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか)
上映時間:
配給:
ファインフィルムズ
後援:
ベルギー王国大使館
製作会社:
Entre Chien et Loup / Eyeworks Film & TV Drama / Samsa Film
カラー

チェック:ベルギーのオランダ語圏とフランス語圏の吹奏楽団が困難を乗り越え、欧州決勝コンクールを目指して競い合う姿を描くドラマ。ベルギーの大会で同点1位になるもエースを亡くした吹奏楽団が、悲しみの中でライバルチームの天才トランペット奏者を仲間に入れようと駆け引きを繰り広げる。監督は『ネコのミヌース』などのヴィンセント・バル。主演は、ベルギーの女優アマリリス・アイテルリンデン。迫力ある演奏シーンや、ミュージカル風の演出が見どころ。

ストーリー:吹奏楽欧州決勝コンクールの予選。ベルギーのフランドル地方の楽団「サン・セシリア」はワロン地方の「アンナバン」と同点1位になるも、ソリストのウィリーが演奏直後に心臓発作で亡くなってしまう。楽団員のエルケ(アマリリス・アイテルリンデン)らはウィリーの死を悲しみ、意欲を失う。しかし、彼の死を無駄にできないと、メンバーたちはアンナバンの天才トランペット奏者ユーグ(アルチュール・デュポン)をスカウトしようと思い立つが……。

人生は狂詩曲(ラプソディ)
(C) 2014 EYEWORKS, SAMSA FILM EN ENTRE CHIEN ET LOUP

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ベルギー国内の民族対立を皮肉る異色ミュージカルコメディ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     言語文化の違う南北の対立が古くから続くベルギー国内事情を背景に、それぞれの吹奏楽チームが大会優勝を巡っていがみ合う。まあ、日本で言うと東と西みたいなもんかねえ、と思いながら見ていたら、どうもそんな生やさしい問題じゃなかった(笑)。なにしろ、どちらも別の国の言葉を喋っているんだから。同じ国民が2つの文化圏に分断されるという特異な状況が、いわば民族対立の火種になっているのだ。
     で、北が南の花形トランペッターを横取りしたことから紛争勃発。両者の大人げない意地の張り合いが展開する。しかもミュージカル風に。ストーリー自体は他愛ないものの、民族対立の愚かさをチクリと揶揄する風刺精神は効いている。

動画

どちらの吹奏楽団が勝利するのか!?映画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』予告編

写真ギャラリー

(C) 2014 EYEWORKS, SAMSA FILM EN ENTRE CHIEN ET LOUP

ポスター/チラシ

  • 映画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』ポスター
    ポスター
  • 映画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』チラシ
    チラシ
  • 映画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

サンドリーヌ:
ミシェル:
フェルナン:
ベルナール:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月11日の週の公開作品
  3. 『人生は狂詩曲(ラプソディ)』