シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
マグニフィセント・セブン
英題:
THE MAGNIFICENT SEVEN
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年1月27日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作会社:
Metro-Goldwyn-Mayer Pictures / Columbia Pictures / LStar Capital / Village Roadshow Pictures / Pin High Productions / Escape Artists Productions
カラー

チェック:黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン・フークア。『トレーニング デイ』『イコライザー』でフークア監督とタッグを組んだデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンらが結集する。熱いストーリーと迫力のアクションに注目。

ストーリー:悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。

マグニフィセント・セブン

映画短評

  • くれい響
    温かい目で見るのがベスト!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どう作ったって、『荒野の七人』の足元に及ばないにしろ、そこは毎度何かしら爪痕を残すアントワーン・フークア監督。盟友デンゼル・ワシントンと、『トレーニング・デイ』好きはニンマリあり、クリス・プラットなどのキャラ押し、ドンパチ・メインという、どこかで『許されざる者』も頭の中にありながら、ターゲットを西部劇初心者に向けている。133分と、オリジナル+5分の尺も現代風だが、西部劇特有の空気感を醸し出すうえ、ある程度のキャラ説明にはしょうがないこと。オリジナルに思い入れがあるほど驚愕なオチなど、謎な部分もいくつか見られるが、遺作となったジェームズ・ホーナーのスコアが身に沁み、それどころではない。

  • 平沢 薫
    7人と監督、それぞれの個性と得意技が炸裂!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     なにしろ、主要登場人物が7人もいる。さらにそれを演じるのが、デンゼル・ワシントン、クリス・プラットら当世の人気俳優たち。そのそれぞれに魅力的かつ判別しやすい性格を与え、さらに各自にその個性と結びついた得意な武器を持たせる。そのうえで、アクションシーン中に、7人それぞれの個性を際立たせる見せ場を作る。それだけでも至難の技だが、本作はそれを目指してしっかり実現している。そして、クライマックスの銃撃戦の弾丸一つ一つの重さを感じさせる演出は、アントワン・フークワ監督の見せ場。
     映画全体を通して画面中の空がどんどん青さと広さを増していき、最後に「荒野の七人」の主題歌が鳴り響く。

動画

出演者二人が予告編について説明します!映画『マグニフィセント・セブン』特別映像
デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、 イーサン・ホーク、 イ・ビョンホンら出演!映画『マグニフィセント・セブン』予告編
デンゼル・ワシントンが語る!『マグニフィセント・セブン』インタビュー映像

» 『マグニフィセント・セブン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

ポスター/チラシ

  • 映画『マグニフィセント・セブン』ポスター
    ポスター

スタッフ

プロダクションデザイン: デレク・アール・ヒル

キャスト

サム・チザム:
ジョシュ・ファラデー:
グッドナイト・ロビショー:
ジャック・ホーン:
ビリー・ロックス:
レッドハーベスト:
エマ・クレン:
バーソロミュー・ボーグ:
テディ・キュー:
マシュー・クレン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マグニフィセント・セブン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:マグニフィセント・セブン The Magnificent Seven ちょっと悩ましい出来の、超「名門」な血筋作品のリメイク。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年1月18日 23時23分)
    名画「荒野の七人」(1960年)のリメイク。 そもそもは日本映画「七人の侍」(1954年)がそのルーツ。 という超「名門」な血筋(笑) そこで考えるに、再映画化のポイントは以下の3つに尽きると思う。 ?如何に魅力的なメンバーを集めるか ?そして彼らをどう輝かせるか ?あの名曲を、どこでどう使うか その視点でみると、 ?如何に魅力的なメンバーを集めるか まず問題は、ユルブリンナーにあたるはずの、デンゼル。 キザっていきまいているだけで、全く魅力. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月23日の週の公開作品
  3. 『マグニフィセント・セブン』