シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
高慢と偏見とゾンビ
(C) 2016 PPZ Holdings,LLC
英題:
PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2016年9月30日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Cross Creek Pictures / Sierra Pictures Production / A QC Entertainment / Allison Shearmur Productions / Handsomecharlie Films Production / A MadRiver Pictures Production / Head Gear Films

チェック:イギリスを舞台にした恋愛小説の名作「高慢と偏見」とゾンビを融合させ、ベストセラーになった原作を実写化したアクション。ゾンビと戦う日々を送るヒロインが大富豪の騎士と出会い、高慢な彼と嫌々ながらも共闘し、心を開いていく姿を描く。監督は『きみがくれた未来』などのバー・スティアーズ。出演は、『シンデレラ』などのリリー・ジェームズと『コントロール』などのサム・ライリーら。古典とゾンビの調和と、スタイリッシュなアクションにくぎ付け。

ストーリー:18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大量のゾンビが出現し、人々を襲撃するという事件が発生。田舎で生活しているベネット家の、エリザベス(リリー・ジェームズ)ら5人姉妹はカンフーを駆使してゾンビと戦う毎日を過ごしていた。ある日、エリザベスは大富豪の騎士であるダーシー(サム・ライリー)に出会うも、高慢な振る舞いに嫌気が差す。やがて、二人は共に戦うことになるが……。

映画短評

  • 山縣みどり
    ゾンビがコスチュームドラマに活力を与えるよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    身分差と勘違いですれ違った男女が結ばれるまでの原作は女子の恋のバイブルだが、そこにゾンビが投入されるとどうなる? 不安に思う人もいるだろうが、ゾンビがジェーン・オスティン小説を破壊するどころか、エネルギッシュな活力を与えてくれるのだからたまらない。人間を食いまくるゾンビを剣術やカンフーを駆使してばったばったとなぎ倒す紳士淑女ににやり。ロンダ・ラウジー級は無理だが、リリー・ジェイムズはじめとする女優陣はアクション演技を頑張った! ベネット嬢とダーシーのハードコアなケンカ場面はまさに「愛は戦いである」ことの証明と言っては言い過ぎ? マット・スミスの見事なコミック・リリーフぶりも忘れられない。

  • なかざわひでゆき
    古典文学×ゾンビの意外性が全て
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     19世紀英国文学を代表する名作「高慢と偏見」の基本プロットそのままに、ゾンビ・ホラーを融合させてしまった異色のラブロマンス。全米ベストセラーとなったマッシュアップ小説の待望の映画化だ。
     ゾンビ感染の広まるビクトリア朝のイギリスを舞台に、恋の駆け引きからバトル・アクション、血みどろスプラッターまで何でもありの展開はとても賑やか。美脚を露わにしながら、サーベル片手にゾンビをバッサバサと切り捨てていく美人4姉妹もエロカッコいい。
     とはいえ、古典文学×ゾンビという組み合わせの生む意外性が全てといった印象で、それ以上の何かを見いだすことはできない。ゾンビブームの生んだ徒花的な作品といったところか。

  • くれい響
    食い合わせの悪さしか残らない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    キーラ・ナイトレイ主演の映画も記憶に新しい、5人姉妹の婚活を描いた小説に、流行りのゾンビが乱入! その奇抜な設定に、原作はマニアにも支持されたが、いざ映画化となると、脚色のバランスが難しいところ。映画的な見せ場を考えてか、ゾンビ要素を強めたが、カンフーやニンジャといった原作の持つイロモノ要素は、ほぼ封印。そのため、ラブストーリーとしても、ゾンビ・ホラーとしても中途半端で、食い合わせの悪さだけが残る結果に。ヒロインの活躍も出オチ止まりなありがちなガールズ・アクションは、原作ファンに響かないのは納得。『セブンティーン・アゲイン』の監督だけに、ラブ要素を強めた方が勝算があったように思える。

  • 平沢 薫
    ジェイン・オースティン、恐るべし
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ジェイン・オースティンが描く18世紀英国の中流家庭の生活に、もしゾンビが出現したらーーという設定だけで楽しい本作。原作小説は、オースティンの小説そのままの世界にゾンビが出現する、という異物感が爆笑モノだったが、映画は逆のパターン。映画は視覚表現なので、ゾンビがいる世界観が提示された途端に、画面全体が一気にゴシック・ホラーな色調と造形になり、そこに、オースティンそのままの若い女性たちの会話や古風な恋愛が投入される。しかし、これが意外と違和感なくしっくりくるところが、原作の力か。ジェイン・オースティン、恐るべし。レナ・ヘディ演じるアイパッチの伯爵夫人が超カッコよく、原作に負けてない。

動画

高慢と偏見+ゾンビ!?映画『高慢と偏見とゾンビ』予告編
斎藤工&板谷由夏がイチオシの10月上旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

写真ギャラリー

(C) 2016 PPZ Holdings,LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『高慢と偏見とゾンビ』ポスター
    ポスター
  • 映画『高慢と偏見とゾンビ』チラシ
    チラシ
  • 映画『高慢と偏見とゾンビ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『高慢と偏見とゾンビ』特製ゾンビタトゥーシール
    特製ゾンビタトゥーシール

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

エリザベス・ベネット:
ミスター・ダーシー:
ジョージ・ウィカム:
ジェイン・ベネット:
ビングリー:
コリンズ:
ミスター・ベネット:
キャサリン・ド・バーグ夫人:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『高慢と偏見とゾンビ』の映画ニュース

  • ハリウッドの人気女優ジェニファー・ローレンスが、小説「グレート・ギャツビー」の作家F・スコット・フィッツジェラルドの妻ゼルダ・フィッツジェラルドを、ロン・ハワード...マーと、映画『ブラック・スキャンダル』『高慢と偏見とゾンビ』のブライアン・オリヴァーが担当する。脚...
  • シルバーウィーク終盤に重なった土日2日間(9月24~25日)の全国映画動員ランキングが26日に興行通信社より発表され、『君の名は。』が5週連続で1位を獲得した。先週末の観...今週末は『SCOOP!』『アングリーバード』『高慢と偏見とゾンビ』『ラスト・ウィッチ・ハンター』『アイ・...
  • 映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のベースになった小説としても知られる英国人女性作家ジェーン・オースティンの代表作「高慢と偏見」を、まさかのゾンビパロディー化...した映画『高慢と偏見とゾンビ』が9月に公開される。同作は、衝突し合い...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます from 大江戸時夫の東京温度 (2016年10月14日 23時12分)
    映画『高慢と偏見とゾンビ』は、そのタイトルを聞いた時から珍作・怪作への期待をふく ...[外部サイトの続きを読む]
  • 高慢と偏見とゾンビ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年10月6日 21時21分)
    公式サイト。イギリス映画。原題:Pride and Prejudice and Zombies。ジェイン・オースティン原作の原作、セス・グレアム=スミス原作。バー・スティアーズ監督。リリー・ジェームズ、サム・ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 高慢と偏見とゾンビ (2016) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年10月3日 3時7分)
    かなりおもしろくてなんども吹き出した。外見的には優雅で気品のあるお嬢様たちがゾンビと戦い容赦なく頭をたたき割るアクション+コメディ。  19世紀初めごろの上流社会を舞台にした女性に人気のジェーン・オースティンの恋愛小説『高慢と偏見』にゾンビを盛り込んだセス・グレアム=スミスの小説の映画化。  オースティンの原作を知っている人が観れば、恋愛小説とゾンビという全く異質のもののからみ合わせ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 高慢と偏見とゾンビ from 映画のメモ帳+α (2016年10月2日 0時6分)
    高慢と偏見とゾンビ(2016 アメリカ) 原題   PRIDE + PREJUDICE + ZOMBIES 監督   バー・スティアーズ 原作   ジェーン・オースティン セス・グレアム=スミス 脚本   バー・スティアーズ 撮影   レミ・アデファラシン 音楽   フェルナンド・ベラスケス 出演   リリー・ジェームズ サム・ライリー ジャック・ヒューストン       ベラ・ヒースコート ダグラス・ブース マット・スミス       チャールズ・ダンス レナ・ヘディ エリー・バンバ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 高慢と偏見とゾンビ/PRIDE+PREJUDICE+ZOMBIES from 我想一個人映画美的女人blog (2016年9月26日 23時57分)
    ジェーン・オースティンによる恋愛小説の古典「高慢と偏見」に ゾンビの要素を取り入れる大胆なアレンジでベストセラーとなったセス・グラハム=スミスの同名小説を映画化 監督とキャストは、当初から二転三転しやっと完成し、やっと日本公開。 6、7年前に映画化決まった時から楽しみに待ってた作品。 「17歳の処方箋」「10日間で男を上手にフル方法」「セブンティーン・アゲイン」のバー・スティアーズが監督&脚本。 (この方、タラの「パルプフィクション」にも出てたらしいけどクレジット無しで分からず。. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年9月26日の週の公開作品
  3. 『高慢と偏見とゾンビ』