シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

公式サイト:http://everybodywantssome.jp/
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
EVERYBODY WANTS SOME!!
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年11月5日
(新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
アメリカンビスタサイズ

チェック:『6才のボクが、大人になるまで。』で話題をさらったリチャード・リンクレイターが、監督と脚本を務めた青春ドラマ。野球推薦で大学に入学した主人公がこれからの数年を共にすることになる仲間たちと出会い、授業開始直前に過ごす濃密な時間を映す。出演は、ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、グレン・パウエルら。主人公たちの青春が共感を呼ぶ。

ストーリー:1980年夏、ジェイク(ブレイク・ジェナー)は、野球の推薦入学生として大学に通うことになる。本格的に授業がスタートする前の数日間、彼は新しく知り合ったチームメイトたちと共にどんちゃん騒ぎを始める。話題は野球や女子たちのこと、好みの曲や下品なジョークまでといろいろで……。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 相馬 学
    賞味期限付きの“自由”を生き生きと描いた快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『6才のボクが大人になるまで。』の延長線上にあるドラマ語というよりは、ちょっとだけ上品な『アニマル・ハウス』といった方がピッタリくる(コレはコレで十分、下品なのだが……)。

     寮生活の始まりの3日間をとおして、大学生活でしか味わえない“自由”をスケッチ。酒飲みとナンパと大騒ぎに、友情と恋も入って見ていて楽しくなるが、この自由に“期限”があることをきちんと視野に入れているリンクレイター監督のまなざしが妙味で、少し切なくもある。

     名門野球部という設定なのに、キャラひとりひとりが、まったく名門校の生徒らしくない点も面白い。アメリカの体育会系、自由過ぎ!

  • くれい響
    リンクレイター監督しか描けない音楽体験
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『6才のボクが、大人になるまで。』否定派として、本作のように3日間という限定した時間でドラマを描くのが、リンクレイター映画の真骨頂だと思う。主要キャラの4割近くが、ハリー・リームスばりの“ポルノヒゲ”をたくわえ、永遠にムダ話にバカ話を繰り広げる。そこに“大学生&寮生あるある”をブッ込んでいながら、どこか哲学的。しかも、ディスコでフィーバー後、ホンキートークでラインダンス、さらにはパンクのライヴでモッシュ初体験と、ジャンルを超えた音楽体験をサラリと描くなんて離れ業もやってのけてしまう。ヒロイン演じるリー・トンプソンの愛娘ゾーイ・ドゥイッチの描き方も含め、やはり肩の力が抜けた感が心地良い!

  • なかざわひでゆき
    サントラの選曲センスは最高!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     1980年夏のテキサスを舞台に、新学期を目前に控えた大学野球部員たちの3日間を描く。リンクレイター自身の『バッド・チューニング』を彷彿とさせる青春映画だ。
     とくに明確なプロットはなし。まるでタイムカプセルのように、あの時代のあの瞬間を切り取って見せる作風は、まさしく『バッド・チューニング』そのものである。
     ただ、肝心のキャラクターの魅力が全体的に薄く、途中で誰が誰だか分からなくなることも。まだまだ70’sを引きずっていた時代の緻密で正確な再現、リアルタイム世代でなけりゃ不可能なサントラの絶妙な選曲は最高に胸キュンなんだけどね。ベル・エポックの「ミス・ブロードウェイ」まで選ぶセンスに脱帽。

  • 森 直人
    これは「リンクレイター節」のひとつの完成形かもしれない。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    鑑賞直後よりじわじわと自分の中で評価が上がっている。大枠は『バッド・チューニング』の続き、リンクレイター版『アメリカン・グラフィティ』第2弾だが、『ビフォア』シリーズや『6才~』で試みた「時間」の実験がシンプルに洗練された語り口へと結実。普通ならノスタルジックな回顧なのに、ここでは1980年9月新学期の約3日間が現在進行形の感覚で差し出されるのだ。

    チャラい体育会系群像の中、文化系資質を持った主人公に監督の自画像を映し出しつつ、ハードロックやニューウェイヴ系、初期HIP-HOPのヒット曲が時代色を明快に示す。問答無用の祝祭感と、湿り気のない透徹した無常観の同居。めっちゃ陽性の『方丈記』だよ!

  • 平沢 薫
    今、この時もまたかけがえがない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     '93年の「バッド・チューニング」でも、リチャード・リンクレイター監督は、あらゆる時間はそれがどんなクダラナイものであれ、等しく価値があり、すべて尊い、ということをフィルムに映し出した。それを分かりやすい形にしたのが「6才のボクが、大人になるまで。」。本作も同じものが映し出されるのだが、これまでとは違う部分がある。この映画には前述の2品にあった、登場人物がふと遠くから現在を俯瞰してそのかけがえのなさに感じ入る、という瞬間がない。観客は、映画が終わってそれに気づいて、映画の外でその思いに至るのだ。ちなみに音楽監修は「6才~」と同じランドール・ポスターとメーガン・カリアーで、今回もハズレなし。

動画

リチャード・リンクレイターが手掛けた青春ドラマ!映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』予告編
斎藤工&板谷由夏がイチオシの11月上旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
懐かしのナンバーに乗せて!映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』冒頭映像

写真ギャラリー

(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』1980年南東テキサス州立大学野球部“野球カード”
    1980年南東テキサス州立大学野球部“野球カード”

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・プロデューサー:
撮影監督: シェーン・ケリー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に/EVERYBODY WANTS SOME!! from 我想一個人映画美的女人blog (2016年11月15日 23時47分)
    「ビフォア・ミッドナイト」シリーズ、「スクール・オブ・ロック」 「6才のボクが、大人になるまで。」などのリチャード・リンクレイター監督最新作は原点回帰 夏休みを迎えた高校生たちの混沌の一夜を切りとった'93年の「バッド・チューニング」の “精神的な続編”との... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年11月15日 23時31分)
    「黄金時代」のちょっと前。 舞台は1980年のテキサス。 大学野球の名門、南東テキサス大のチームに加入した新入生ピッチャー、ジェイクの新学期開始までの4日間が描かれる。?? リチャード・リンクレイターらしい、人生の中の“ある時間”を巡る物語だ。 クラブハウスで同居することになる、変人だらけのチームメイトたちには早々に馴染むものの、?ジェイクと愉快な仲間たちの頭にあるのは野球、セッ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」:バカですねー from 大江戸時夫の東京温度 (2016年11月13日 22時59分)
    映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は、リチャード・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」 from ここなつ映画レビュー (2016年11月7日 12時49分)
    野球の特待生で大学に合格した青年が、大学入学までの三日間を野球部の寮で乱痴気騒ぎの内に過ごす、ただそれだけの話。けれど、2時間見続けていくと寮のメンバーに愛着が出てきて、それなりに面白くなってくる。80年代の狂乱も染みるなぁ!ストーリーなんてあってないようなもので、ともかく新入生達が先輩の洗礼を受けて、酒、女、クスリを覚えていくオハナシ。やりたい放題、しっちゃかめっちゃかなのである。勉強しろよ、というムキもあるでしょう。でもほら彼らは野球をやるためだけに大学に入ってきたわけだから。で、ひとたびグラウンドに立 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に Everybody Wants Some ! ! 究極にユルい 1980年代青春モノ。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年10月2日 19時1分)
    リチャード・リンクレイターの新作。 前作「6才のボクが、大人になるまで」は子供が大学生になるまでを、毎年一定期間撮影した力作。 そんな無謀な企画を完成させた後、どっちに行くのかと思ったら、なんとリンクレイター版「アメリカン・グラフィティ」! 「アメリカン・グラフィティ」はジョージ・ルーカスが自分の青春時代をゆる~く描いた名作。 リンクレイターはこの路線を引き継ぎ? この映画、ひたすらユルい! リンクレイターなので、時代は1980年代。 主人公は9月の大学入学とともに 野球部. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年10月31日の週の公開作品
  3. 『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』