シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
.
チャーリー
(C) DOZO Films & Celluloid Japan
英題:
CHARLIE
製作年:
2015年
製作国:
インド
日本公開:
2016年10月1日
(キネカ大森)
上映時間:
配給:
DOZO Films / Celluloid Japan
製作会社:
Finding Cinema
カラー

見どころ:インド南部を舞台に、家を飛び出した女性がさまざまな出会いを通して変化していく姿を、繊細なタッチで描く人生賛歌。親の決めた縁談に反発して家出し、ヒッチハイクで港町のアパートにたどり着いた女性が、かつての住人を捜し歩く中で、個性的な人々に出会う姿を活写する。監督は、マーティン・プラーカット。ボリウッド映画でおなじみの歌や踊りは控えめな一方、丁寧につづられるストーリーや、インド南部の美しい風景を堪能できる。

あらすじ:インドの大都市バンガロールでグラフィック関係の仕事をしているテッサ(パールワティ)は、親が決めた縁談が嫌で家を出る。ヒッチハイクでたどり着いたのは港町の古びたアパート。前に住んでいたチャーリー(ドゥルカル・サルマーン)が部屋に残した荷物の中に、彼が描いた漫画があったが肝心なところで途切れていた。テッサはチャーリーを知る人を訪ね歩くうちに、会ったこともない彼が気になり始め……。

チャーリー
(C) DOZO Films & Celluloid Japan

予告編・動画

家出した女性が…!映画『チャーリー』予告編

» 『チャーリー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) DOZO Films & Celluloid Japan

ポスター/チラシ

  • 映画『チャーリー』ポスター
    ポスター
  • 映画『チャーリー』チラシ
    チラシ
  • 映画『チャーリー』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本: ウンニ・R
監督・脚本・制作:

キャスト

テッサ:
クンジャパン:
コソ泥スニ/Dソウザ:
ラヘルおばあちゃん:
テッサの母:
マターイ・パトローゼ:
クイーン・マリア/マリヤム:
ウスマン:
魔術師:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チャーリー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年9月26日の週の公開作品
  3. 『チャーリー』