シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

マダム・フローレンス! 夢見るふたり

公式サイト:http://gaga.ne.jp/florence/
マダム・フローレンス! 夢見るふたり
(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
英題:
FLORENCE FOSTER JENKINS
製作年:
2016年
日本公開:
2016年12月1日
(TOHOシネマズ 日劇ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Qwerty Films / Pathe Pictures International / BBC Films
カラー

見どころ:ニューヨーク社交界の顔にしてソプラノ歌手でもあった実在の女性、フローレンス・フォスター・ジェンキンスをモデルにしたドラマ。絶望的な音痴であるにもかかわらずソプラノ歌手になる夢を追う彼女と、それをかなえようと奮闘する夫の姿を描く。監督は、『クィーン』などのスティーヴン・フリアーズ。アカデミー賞の常連メリル・ストリープと、『アバウト・ア・ボーイ』などのヒュー・グラントが妻と夫を快演する。インパクトのある歌唱シーンや、夢を持つことの尊さを訴えた物語に魅せられる。

あらすじ:ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり
(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

映画短評

  • 森 直人
    メリル先生、ものまね王座決定戦ならマジで優勝!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    メリル・ストリープといえば「上手い」の代名詞であり、それゆえの臭味が時に揶揄や皮肉の対象にもなるが、しかし本作の物真似には誰もが素直に感嘆するはず。マダムのオリジナル迷唱は『ハイCsの殺戮』というカルトな珍盤などで聴けるが、難易度の高いアリアに挑んで音程を超絶にぶっちぎる……その逸脱がヘタウマの魅力や愛敬に転化するレベルまで完コピしているのだ。

    舞台は40年代N.Y.だが、作風は完全に適量の毒がきいた英国喜劇ってのも面白い。的確な受け芝居のH・グラント、S・フリアーズの演出など全てがプロの仕事。人間模様として生っぽかったのは『偉大なるマルグリット』の方だが、こちらは「芸」を堪能させる映画だ。

  • なかざわひでゆき
    これはヒュー・グラント久々の当たり役!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     あまりの音痴ゆえ史上最低の歌姫とも呼ばれるフローレンス・フォスター・ジェンキンス。その人生は仏映画『偉大なるマグリット』でも描かれたが、あちらは彼女をモデルにしたフィクション。こちらは正真正銘の伝記映画だ。
     まさに事実は小説よりも奇なり。自らの才能を勘違いしたヒロインの思い込みは確かに滑稽だが、しかし天衣無縫に見える彼女の抱えた人生の重みにしんみりと胸打たれ、そんな妻の夢を全力で支える夫の献身に本人たちしか分からぬ夫婦愛の真髄を垣間見る。
     ‘40年代ニューヨーク社交界の優雅、メリル・ストリープの味わい深い演技も見ものだが、なんといっても年輪を重ねたヒュー・グラントのチャームが素晴らしい。

  • 中山 治美
    フランス版より好きです
    ★★★★
    »読む«閉じる

    同じ実在したオペラ歌手をモデルにした仏映画『偉大なるマルグリット』がある。
    仏で大ヒットしたそうだが、鑑賞後は苦かった。
    純粋無垢にオペラを楽しむ主人公を、鼻で笑う”おフランス”貴族。いたたまれない。
    だが本作のヒロインは無垢だけじゃない。
    M・ストリープが演じている時点で全身から苦労が滲み出ちゃっているが、彼女がオペラに情熱を傾けざるを得なかった…とも言うべき人生ドラマもきっちり。ゆえに一層、大ステージに立つクライマックスシーンが際立つ。
    音痴、だけど彼女の確固たる意思が歌声にノッて胸に響いて来る。
    その時、当時の人たちがなぜ彼女に魅了されたのか?が理解出来るのではないだろうか。

  • 平沢 薫
    英国人監督フリアーズがちょっと変わった女性を魅力的に描く
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ヒロインのモデルは実在の人物。19世紀末に生まれ、音痴なのにそれに気づかず、自分を名歌手だと信じて莫大な遺産を使って公演を開き、一種の人気者になった女性だ。
     そんな人物だから解釈の仕方は多々あるが、この映画は、彼女を愛すべき魅力に満ちた人物としてとらえる。そしてその魅力を、新人ピアニストが彼女に出会って魅せられていくさまを通して描いていく。彼女は愚かなのではなく、ただ歌うことに喜びを感じ、だから歌っただけ。彼女の最後の言葉は、それを実践した誇りに満ちている。ちなみに監督スティーヴン・フリアーズは英国人、ヒロインの夫も英国人。英国は奇人変人を許容するお国柄のような気がする。

予告編・動画

メリル・ストリープ×ヒュー・グラント!映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』予告編
メリル・ストリープ「びっくり!」ヒラリー候補のオファーに 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』来日記者会見
斎藤工&板谷由夏がイチオシの11月下旬~12月上旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

ポスター/チラシ

  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』ポスター
    ポスター
  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』チラシ
    チラシ
  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』特製一筆箋
    特製一筆箋

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

フローレンス・フォスター・ジェンキンス:
シンクレア・ベイフィールド:
コズメ・マクムーン:
アグネス・スターク:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』評価と感想/ヘタウマです from eigamanzaiの映画レビュー (2017年1月30日 10時31分)
    好きこそ物の上手なれ ☆4.5点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) 今年2月に公開された『偉大なるマルグリット』を見に行こう、見に行こうと思ってましたが、シネスイッチとか恵比寿ガーデンの単館系ということもあり時間が合わず見そびれてしまいました。 本作、マダム・フローレンスの予告を見たときは、マルグリットのリメイクかな?と思ったんですが、こちらの方が実在した人物でマルグリットの方がフローレンスをモデルにした創作作品でした。 この作品は音痴の部分も面白いのですが、マダム・フローレンスと夫のシ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」:謎が多いなあ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年1月15日 23時6分)
    映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』の監督はスティーヴン・フリアーズだっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 嘘八百のラブストーリー from 映画のブログ (2017年1月9日 14時43分)
    【ネタバレ注意】  なんてチャーミングな映画なのだろう。  スティーヴン・フリアーズ監督の伝記映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』は、裕福なマダムを演じるメリル・ストリープと、事実婚の夫を演じるヒュー・グラントのユーモアたっぷりな演技が楽しめるコメディであると同時に、歌の上手さには定評のあるメリル・ストリープの歌声を堪能できる音楽映画でもある。――劇中では、極めて下手に歌う... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マダム・フローレンス! 夢見るふたり (2016) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年12月6日 2時58分)
    フローレンス・フォスター・ジェンキンスは20世紀前半の米国で人気があったソプラノ歌手。しかし彼女のコンサート限られた人たちしか招待されなかった。76歳でカーネギーホールで公演しチケットはまたたく間に完売した。彼女はとんでもなく歌が下手だった。 フローレンスは1868年にペンシルバニア州の裕福な家庭に生まれた。ピアノの才能に恵まれ幼いころにホワイトハウスでヘイズ大統領の前で演奏したことも... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』★熱唱!(カネの力でなく)愛の力(^_-)-☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年12月3日 0時34分)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/170111/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ・マダム : メリル・ストリープ☆ ・ 夫 : ヒュー・グラント ☆ マダムは、第 2 次大戦 ( 終戦の 1 年前に亡くなっています)   マダムのこの歌唱力 !!... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月28日の週の公開作品
  3. 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』