シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~

公式サイト:http://www.kapiapamovie.com
kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~
(C) office+studioT.P.S / OLIO FILMS
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年11月19日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給・製作会社:
オリオフィルムズ
製作会社:
office+studioT.P.S
ステレオ/16:9/SD-DV

チェック:北海道に生まれ伝統的なアイヌ音楽を受け継いだ姉妹が、2011年の東日本大震災をきっかけに故郷で初めて行うことになったライブを追うドキュメンタリー。東京に住む姉・床絵美が震災後の夏休みに子供の避難を兼ねて帰郷、コタンに暮らす妹・郷右近富貴子と時に反目しながらも共にライブに臨む姿を映す。監督は、堤幸彦監督作などの助監督やテレビドラマ制作を経て、初めて長編ドキュメンタリーを手掛ける佐藤隆之。アイヌ文化に誇りを持ち、継承する姉妹の歌声に感動する。

ストーリー:東京の高尾で3人の子供を育てながら、イベントなどでアイヌの歌を歌う床絵美。一方、北海道のコタンに暮らす妹の郷右近富貴子もまた3人の子供を持ち、アイヌ料理店を営むかたわら、観光船でアイヌの歌を披露していた。2011年の東日本大震災の後、絵美が夏休みに入った子供を連れてコタンに帰郷する。そこに姉妹のライブ企画が持ち上がり、当日に向けて動きだすが……。

kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~
(C) office+studioT.P.S / OLIO FILMS

映画短評

  • 森 直人
    「唄」は「問題」を超える。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    良い意味で「問題」が前面化しない。こちらの頭でっかちな構えの態度を溶かされていくような鑑賞体験だった。

    主人公はアイヌ民族の唄を継承する歌手の姉妹――姉は東京・高尾に、妹は地元の北海道・阿寒湖に暮らす魅力的な女性で、共に子供三人の母親でもある。時期は2011年。震災を挟んで、ひたすら「現在」を生きる姉妹と周りの人々に密着した(時にかなり赤裸々な)日常生活の記録だ。

    全く等身大のプライベートな風景なのだが、その中で自らのルーツをどう意識するかの葛藤だけが大きく加わる。そして結局は「歌うこと」の肉体性がこんがらがった自意識を超えていく。感動。「唄」という文化形式の強さを改めて感じ入った好篇。

動画

映画『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』予告編

写真ギャラリー

(C) office+studioT.P.S / OLIO FILMS

ポスター/チラシ

  • 映画『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』ポスター
    ポスター
  • 映画『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』チラシ
    チラシ
  • 映画『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』チラシ
    チラシ

スタッフ

企画・監督・撮影・編集:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月14日の週の公開作品
  3. 『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』