シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ドント・ブリーズ
英題:
DON'T BREATHE
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年12月16日
(TOHOシネマズ みゆき座ほか)
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

チェック:盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが、反撃に遭う恐怖を描くスリラー。リメイク版『死霊のはらわた』などのフェデ・アルバレス監督がメガホンを取り、オリジナル版のサム・ライミ監督と、ライミ監督とタッグを組んできたロブ・タパートがプロデュースを手掛けた。目は見えなくとも研ぎ澄まされた聴覚を持つ老人に『アバター』などのスティーヴン・ラングがふんし、リメイク版『死霊のはらわた』などのジェーン・レヴィ、『プリズナーズ』などのディラン・ミネットらが共演する。

ストーリー:街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。

ドント・ブリーズ

映画短評

  • 平沢 薫
    気づくと、主人公と一緒に息を詰めている
    ★★★★
    »読む«閉じる

     息を潜めてじっとして、その何かが、自分に気づかずに通り過ぎてくれることを祈る。そんな状況は、誰でも悪夢の中で体験したことがあるはず。その誰もが知っている恐怖に特化した設定が巧み。若者3人が強盗のため盲目の男の家に侵入するが、実はその男は驚異的な殺傷力を持つ元兵士で、見つかると命が危ない。ふと気づくと、こちらも登場人物と一緒に息を詰めているという緊迫した場面が続々。それに加えて、封鎖された家からどうやったら脱出出来るのか、登場人物たちは実はどういう人物なのか、という要素が絡んで、緊張が持続する。監督フェデ・アルバレスが、「ドラゴン・タトゥーの女」続編の監督に抜擢されたのも納得だ。

動画

盲目の老人が若者たちを狩る!『ドント・ブリーズ』予告編

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ドント・ブリーズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月12日の週の公開作品
  3. 『ドント・ブリーズ』