シネマトゥデイ

ハリー・ポッター

 取材・文 竹内詠味子

世界中の子供から大人まで、ホグワーツの魔法に魅了されたシリーズの2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』がいよいよ公開となり、オープニングから驚異の記録を打ち立てている。前作から1年、物語もよりダークになって、ハリーたちの冒険もますますスケール・アップした。ハリー役のダニエル・ラドクリフも1年前よりずいぶんと大人びて、プロデューサーのデヴィッド・ヘイマン氏とともに待ちに待った初来日を果たした。


Q:今、世界で最も有名な13歳と呼ばれるダニエルくんですが、有名になって一番よかったことは何でしょうか。


DR:得したと思うのは、ベン・スティラーやティム・ロビンスなど、敬愛する有名人と会える機会が出来たことです。


DH:ロンを演じたルパート・グリントが同じ質問をされて、学校の先生が彼の機嫌を取るようになった、と言っていました。プレミアの後、ルパートがその話を触れ回ったため、罰としてサッカー場のゴミ履きをさせられたそうです。


Q:ダニエル君は、今後もハリーを演じていくつもりでしょうか?


DR:小説が進むにつれてハリーは成長し、それは僕も一緒なので、ずっとハリーを演じていきたいと思いますが、実際には、3本演じることが決まっています。その後、僕が演じるかどうかはわかりません。


Q:ダニエル君は初めての来日ですが、感想は?短い日本の滞在で、一番やりたいことは何でしょうか?


DR:空港にすごく人が集まってくれて、感激でした。初めての来日だし、今回の目的は、日本の文化がどんなものなのか、感触を得たいと思っています。


Q:13歳という若さで一躍スターになりましたが、今後の夢を聞かせてください。


DR:「シンプソンズ」の声をやりたいです。どんな役でも言いし、一言でもいいから、ぜひやりたい!


Q:ダニエル君は、この映画でハリーを演じて、俳優としてご自分がどう変わったと思いますか?また、プロデューサーの目から見て、彼の変化についてどう感じますか?


DR:この作品の前に2本の映画を撮ったけど、ハリー・ポッターは比べ物にならないくらいスケールが大きい映画です。そういった映画が、どうできていくのかを目の前で見たことは素晴らしい経験で、まるでトレーニングセンターにいるようでした。2年半、この映画に関わって、変わったことはたくさんあると思います。でも、僕はティーンエージャーで変化をする時期だし、映画がなくても同じような変化をしたと思います。


DH:彼の言うとおり。僕は主人公の3人が、肉体的にも成長するのを見てきました。ダニエルの両親はとても素晴らしい親で、こういった特殊な環境のなかでも、彼を普通の家庭環境に置いています。彼は声変わりもしましたし、11歳の時と違う音楽を好み、映画への興味も大きくなりました。ある面は成熟し、またある面では3年前のダニエルらしさも持っていると思います。2本の映画を撮るために、およそ300日という撮影時間がかかり、スケジュールもタイトなものでしたが、俳優として、ダニエルはこの2年間で精神的な表現やディテールのニュアンスを演じるのがとてもうまくなりました。


会見の翌日、舞台挨拶付きの上映が行われたが、チケットはあっという間に完売。黒いマントと帽子、グリフィンドールの印でもあるエンジと黄色のマフラーで着飾ったファンも訪れて、ハリーの登場を待ちながら落ち着かない様子。2人の登壇とともに、会場には割れんばかりの歓声が響き渡り、熱い厚い歓迎振りにダニエルもヘイマン氏も、大きな大きな笑顔を見せた。


12月16日(月) 帝国ホテルにて



―ラドクリフ(以下DR)「日本語を少し勉強しましたので、聞いてください。ニホンノミナサン、コンニチワ。ダニエル・ラドクリフデス。ニホンニクルコトガデキテ、ダイ…ダイカンゲキデス」


日本語の挨拶もきっちり覚え、大きな拍手で迎えられた2人。早速、質疑応答が始まった。

Q:『ハリー・ポッター』がヒットして、映画でも小説でもファンタジーが大きなブームになっていますが、ダニエル君はこれについてどう思いますか?


DR:僕が思うに、ハリーはアウトサイダーだと思います。そのハリーが、信念にそって自分の道を歩んでいく生き方が世界の人々を魅了したのだと思います。小説でも映画でも、友情、勇気、忠誠というメッセージが人々にアピールしたのだと思います。

Q:製作者として、このシリーズを映画化したいと思った最大の理由は?そのために、J・K・ローリングさんをどのように口説いたのでしょうか。


ヘイマン氏(以下DH):1作目を読んだのは、まだ2作目が出版されていない97年の頭でした。最初の1行を読んだら最後まで止まらなくなり、この物語に恋をしてしまったのです。この中には、忠誠、友情や家族の愛といったテーマがあり、心を打たれましたし、同時にとても面白くて感動する作品でした。

とにかく、この本が大好きになってしまったので、映画化を決めました。

ジョー(ローリング)には、この本の精神を壊さないよう、忠実に映画化することを約束しました。ジョーも私も60年代に育った人間で、お互いに気があい、彼女も私に信頼を置いてくれました。彼女が承諾してくれたおかげで、私やダニエルは素晴らしい旅に出ることが出来ました。


 

 

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク