シネマトゥデイ

アンソニー・ホプキンス



 3度目のレクター役へのアプローチの仕方
 

当初、レクターを演じることを躊躇したホプキンス。
脚本の出来がいいという理由で役を引き受けた彼は、『レッド・ドラゴン』で原点に戻りレクターが危険極まりない“怪物”であることを改めて明らかにしたかったという。

レクターと関わりを持つということは非常に危険なゲームに身を置く羽目になる

―これで3度目です。再びレクター博士を演じる気になったのは?
アンソニー・ホプキンス(以下H)『ハンニバル』で、レクターを封印したつもりでいたから、オファーが来たときは、多少戸惑った。3作目を作る意味、魅力ある内容にできるかという不安があったんだ。エージェントは、「脚本は、『羊たちの沈黙』のテッド・タリーだし、是非やるべきだよ」と言うので、前向きに考えるようになった。そして期待通り、脚本も素晴らしい内容だったので出演を決意した。

―15歳は若返ったかのように見えますが……。
H 優秀なトレーナーについてもらい、低炭水化物ダイエットと運動を併行して行った。頑張り過ぎて、トレーニング用のバイクで膝を強打し、あわや撮影中止か、というアクシデントに見舞われた。撮影当初、まだ足を少し引きずるくらいだったんだ。

―今回のあなたは、爬虫類のような不気味さがあります。敢えて恐怖感を増幅させたのは?
H エドワード・ノートンが演じるウィル・グラハム調査官に対して、そして観客に、レクターの真実の顔を晒す必要があった。機知に富み、天才的頭脳の持ち主かもしれないが、危険極まりない?怪物?である点を改めて明白にしておきたかった。躊躇なく人を殺し、その手口も残虐極まりない。?食人鬼ハンニバル?と恐れられるように、スキを見せれば彼のその日の夕食になりかねない。つまり、レクターと関わりを持つということは、非常に危険なゲームに身を置く羽目になることを明らかにしたかったんだ。

―どうしてレクター博士はこんなに人気があるのだと思います?
H まず、架空の人物だから、人気があることに対して何ら良心の呵責はない。『羊たちの沈黙』が社会的に何らかのインパクトを与える手応えは感じていた。ただ、レクターのどこに魅かれるのかはわからない。観客の心理までは読めない。われわれの中にある、?悪?を凝縮したような人物だからと推測できなくもない。しかし、詳しい分析は社会学者か、心理学者に聞いた方がいいだろう。役を離れたら、そうした分析には全く興味がないね。役が一人歩きして有名になっても、気を煩わされることもない。「レクターと一緒にされてウンザリしない?」とよく聞かれるが、「これが私の仕事なんだ」としか他に答えようがない。役作りにしても、暗い部屋の隅でいきなりレクターに変貌するわけじゃない。まず、セリフを納得がいくまで何百回でも声に出して読む。そうして、徐々に頭の中でイメージを膨らませ、役を掴んでいくんだ。

『レッド・ドラゴン』は『羊たちの沈黙』に作風が近い


―あなたにとっての偉大な悪役、あるいは演じてみたい悪役とは?

H どれも演じていない役になるが、ダース・ベイダー、イアーゴ、メフィストフェレス、リチャード3世かな。「オセロ」のイアーゴはギリギリのところで大胆不敵な数々の策略を計る。その狂気スレスレの勇気、行動力に思わず引き込まれ、魅了されてしまう。リチャード3世に関しては、ローレンス・オリヴィエが主演した作品が文句無しにベストだ。その後、何度か映画化されているが、オリヴィエのリチャード3世を超えるものはない。リチャード3世は非常にセクシーでありながら、同時に大胆不敵で残忍だ。レクターもまさしく同じだ。


―3度目となるレクターを演じるアプローチは?
H 今回は余計な部分を削ぎ落とす演技に徹した。唯一、体育館のシーンでトーンを変えた。非常に抑制された不気味な演技から一転、60年代のテレビ番組「メイベリー110番」の保安官みたいに陽気に振舞う。一度だけというのが重要で、より恐怖感が増すんだ。 


―最後に、2作との相違点は?

H 『ハンニバル』は、皮肉にもレクターが自由の身になったせいか、脚色し過ぎてしまった感があり、その分、恐怖感が薄れてしまったことが悔やまれる。でも、俳優に自由を与えるリドリー・スコットとの作業はとても楽しかった。『レッド・ドラゴン』は、『羊たちの沈黙』に作風が近く、レイフ・ファインズ、ハーヴェイ・カイテル、エミリー・ワトソン、フィリップ・シーモア・ホフマン、メアリー=ルイーズ・パーカーといった、個性派の実力俳優が素晴らしい仕事をしている。また、個人的には、チルトン博士を演じるアンソニー・ヒールドとの、『羊たちの沈黙』以来の再会は、とても嬉しかったよ。
(ロビン・リンチ/訳 フリックス編集部)

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク