シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
  • 『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』特集第1弾
  • 旭山動物園の飼育係と動物たち

    年間300万人もの入場者を集める、北海道旭川市旭山動物園の波瀾(はらん)万丈ストーリーを豪華キャストで描いた感動作映画『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』。動物たちのさまざまな表情や姿をとらえた映像の数々も見ものだが、動物以上に個性的なのが飼育係の面々。それでは開園の時間です!

  • 滝沢寛治(西田敏行) 北海道旭川市旭山動物園園長

    動物たちに深い愛情を注ぎ、大きな体格で懐が深く情熱的なその姿には、動物も人間も心を動かされてしまう。集客数が少なく、閉鎖を迫られても、ゴリラのような強さと抜群のひらめきで難題に立ち向かっていく!

  • 吉田強(中村靖日) 新人飼育係

    昆虫が大好きなのだが、それは幼少期のイジメが原因という切ない過去を持つ人間不信気味な新人飼育係。その経験から「一番恐いのは人間」と語り、情熱と爆発的動物愛にあふれる先輩飼育係に対してキツイ言葉を放ってしまうことも。

  • 小川真琴(前田愛) 新人飼育係

    動物愛護団体に参加し、旭山動物園をバッシングするも、滝沢園長の熱い言葉と人柄に惹(ひ)かれ、叔父の市長のコネで飼育係になった獣医学部の学生。雪の上を滑るペンギンを見て「かわいい~♥」とのコメントは女子大生ならでは?

  • 韮崎啓介(長門裕之)

    ゾウとチンパンジーを知り尽くした陽気な男、韮崎。ゾウは韮崎の言葉を理解しているかのように足を上げたり下げたり。手塩にかけて育て上げたチンパンジーが妊娠したときの韮崎の喜びようは、まるで自分に孫ができたかのよう。

  • 三谷照男(六平直政)

    まったりとした性格は、惰眠をむさぼるトラのごとし。人が良過ぎる性格で、コワモテなお客さんから「トラが起きたら呼んでくれ」と言われ、断ることができずにちゃんと実行してしまう。ときどき飛び出すKY発言はご愛嬌(あいきょう)!

  • 柳原清之輔(岸部一徳)

    新人に厳しい一面もあるが、広い心で受け止める寛大さも併せ持つ。なかなか繁殖に成功しないゴリラのマリが悩みの種だが、何やらマリはオスゴリラよりも柳原に熱視線。人間とゴリラの禁断の愛か!?

  • 砥部源太(塩見三省)

    普段は寡黙だが、動物たちや飼育係たちへの思いは人一番。カッとなって相手の胸ぐらをつかんでしまうことも……。旭山動物園を心から愛しているが、清掃車の仕事から動物園へ回されたという意外なバックグラウンドあり。

  • 臼井逸郎(柄本明)

    飼育係からは程遠い、画家のような風ぼうの臼井。やることといえば、動物たちの絵を描くこと。画家を志していた時期もあり、描く絵はなかなかうまい。お客さんの前で披露した紙芝居で、心の奥底に眠っていた芸術性を爆発させる!

作品情報オフィシャルサイト
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 23日
  5. 『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』特集第1弾 ~旭山動物園の飼育係と動物たち~