シネマトゥデイ

井上真央&永作博美
『八日目の蝉』
完全に役と自分の気持ちが重なっていました
『八日目の蝉』井上真央&永作博美 単独インタビュー

取材・文:斉藤由紀子 写真:吉岡希鼓斗

直木賞作家・角田光代のベストセラー小説を、映画『孤高のメス』の成島出監督が映画化した『八日目の蝉』。悲しみを抱えた女たちの生きざまをサスペンスタッチに描いた本作で、過去の誘拐体験によるトラウマを持ち、不倫相手の子どもを身ごもってしまう秋山恵理菜を演じたのは、若手実力派の井上真央。そして、愛人の娘である恵理菜を誘拐し、実の子として育てながら逃避行を続けた野々宮希和子を、数々の女優賞に輝く永作博美が演じている。それぞれ難度の高い役に挑戦した井上と永作が、思い入れタップリに撮影秘話を語った。

■プレッシャーの中で挑んだベストセラーの映画化

Q:お二人が体現された女たちの切ないドラマに、胸の震えが止まりませんでした。

2人:ありがとうございます。

Q:ちまたで大きな話題を呼んだ角田光代さんの小説が原作なだけに、撮影前のプレッシャーも大きかったのではないですか?

井上真央(以下、井上):そうですね。わたし自身も原作ファンの一人でしたし、その映画化作品に参加できることはとても光栄に感じていたので、最初は純粋にチャレンジしようと思っていたんです。でも、台本を読んだら、原作とは違って恵理菜の目線で物語が描かれていて、しかも、成島監督から「永作さんはこの映画に懸けている。あなたも主演なんだから頑張りなさい!」と言われてしまって、違った意味でプレッシャーを与えられました。

永作博美(以下、永作):そんなこと言われていたんだ(笑)。

井上:たぶん、わたしがノホホンとしているから、あえてプレッシャーを掛けてくださったんだと思います。実際に撮影が始まると、トラウマを抱えながらも生命力にあふれている恵理菜という女性を演じるのが本当に難しくて、毎日が葛藤の日々でした。わたしには恵理菜のような経験があるわけでもないし、子どもがいるわけでもないので、彼女の感情を探るのにすごく迷って悩みました。

永作:わたしも、果たして希和子の感情や背負っているものを表現できるのか、角田さんが原作で描いた人間像に達することができるのかという不安があって、プレッシャーも大きかったです。でも、それ以上に役者として想像したときの役の魅力があまりにも大きくて、難度の高さもやりがいと感じる自分がいました。撮影中は、いろいろと悩んでいてもしょうがないから、何も考えずに、ひたすら芝居に身を投じるようにしていました。

■小豆島でリアルに感じた、娘への愛情と母の思い

Q:井上さんは現在、永作さんは過去のシーンを演じましたが、撮影現場でお会いする機会はあったのですか?

井上:それが、全然なかったんです。ただ、わたしが小豆島で撮影をしていたときに、永作さんが見学されていたことがあったんですよね。

永作:ありましたねー。井上さんたちが撮影している間がわたしたちの空き時間だったので、プロデューサーさんに頼んで見に行かせてもらったんです。

井上:そのときは見学されていることを知らなかったので、後でスタッフさんから聞いて「ええー!」ってビックリしました。

永作:大変なシーンが多いとわかっていたので、迷惑掛けちゃいけないと思って、わたしが行くことは言わないでください、遠くから見て気付かないうちに帰りますからとお願いしておいたんです。最初はほんのちょっとだけという気持ちだったんですけど、気が付いたら物陰に隠れてしっかり見ていました(笑)。撮影されていた場所が、わたしも過去の場面で幼い恵理菜を連れて行った場所でしたから、そこに大きくなった恵理菜がいるというのも感慨深くて……。「ああ、小さかったあの子が成長したんだなあ」って、完全に希和子と自分の気持ちが重なっていました。

井上:永作さんがわたしを見ていたのと同じように、原作の希和子さんも成長した恵理菜のことをコッソリ見ていたのかもしれないねって、共演者やスタッフさんと話していました。希和子さんの思いのようなものを感じて、胸が熱くなってしまいました。

■撮影中、髪の毛が切れなくて焦りまくり!

Q:指名手配犯となった希和子が自らの手で髪を切るシーンが印象的ですが、あれは永作さんご自身の髪の毛だったそうですね。

永作:台本を読んだときに「髪を切る」と書かれていたので、どうするのかな? と思っていたんですけど、周りの皆さんは間違いなく本当に切ると思っていたみたいなので、ほかの選択肢がなかったんですよね。

Q:とはいえ、髪を切るときは勇気が必要じゃなかったですか?

永作:もう、髪の毛を惜しむ暇もなかったです。幸いなことに、もともと長い髪に執着もなかったので、それは良かったんですけど、本番で髪が切れないことに焦りました(笑)。ガバッとつかんでジャキッと切るのがいいと考えていて、実際もそうなるだろうと疑わずにやってみたら、ハサミが滑って全然切れないんですよ! 本番は始まっちゃっているし、「これでNGになってしまったら、もう髪の毛がないよー!」って思いながら、必死で切っていました。でも、その焦りや不安が希和子の切羽詰まった気持ちと重なって見えたみたいなので、結果的に良かったです。

Q:では、もしも井上さんの台本に髪を切る描写があったら、躊躇(ちゅうちょ)なく切れたと思いますか?

井上:わたしも髪の毛に執着がないんです(笑)。どんなヘアスタイルでもかまわないので、そういうシーンがあったら普通に切っちゃったと思います。

■出産経験が演技の役に立ったこととは?

Q:人間ドラマには定評のある成島監督ですが、現場での要求も細やかでしたか?

井上:細かく指示をするというより、何度も何度もテイクを繰り返して答えを探す方でした。

永作:そうそう、そうでした。

井上:演じていて「今のは良かった!」と自分自身が思ったときこそ全然ダメだったり、逆に、「これでいいのかな? 大丈夫かな?」と不安になるときに意外とOKが出たりするんです。だから、正解にたどり着くまでにかなり時間がかかりました。でも、わたしよりも赤ちゃんとのシーンが多かった永作さんのほうが大変だったんじゃないですか?

永作:うーん……、赤ちゃんとのシーンは相手が動物的本能でくる分、回数を重ねられないというのもあるので、逆に1テイクの集中力が高まっていたような気がしました。もっと言ってしまうと、泣いている赤ん坊にこれ以上の負担をかけたくないという気持ちもありましたしね。

Q:なるほど、出産された永作さんならではの母心ですね!

永作:いやいや、わたしだけじゃなくて、赤ちゃんのシーンにかかわった人たちはみんなそうだったと思います。ただ、子どもの扱いを多少なりとも知っていたことは、この作品でとても役に立ったような気がしています。赤ちゃんの泣き声に免疫がなかったら、監督よりも先にカットをかけていたと思います。「ああ、もう無理です! お母さん来てください!」って。

Q:お二人とも、今回の作品で新しい経験をされたようですね。

永作:そうですね。役のハードルが高くて、迷宮の中を手探りで進むような撮影でしたが、子どもと一緒にいるときは、まるでドキュメンタリーのような新しい感覚でお芝居をさせてもらいました。

井上:いろいろと悩みながら役と向き合い、役者としての自分とも向き合うという、とても良い経験をさせていただきました。今までとは違うことに挑戦したい時期だったので、この作品と巡り合えたことにすごく感謝しています。

以前よりも大人の女性としての美しさを増した井上と、一児の母とは思えないほど可憐(かれん)な永作。母親の無償の愛と、子どもの無垢(むく)な愛、そして、過酷な運命に正面から立ち向かう女たちの強さが心に刺さる『八日目の蝉』。また一つ、ベストセラー小説の映画化というハードルを越えた作品が誕生した。

【井上真央】スタイリスト:大沼こずえ ヘアメイク:丸山智美
【永作博美】スタイリスト:鈴木えりこ(iELU) ヘアメイク:濱田マサル(Three Peace)

映画『八日目の蝉』は4月29日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク