シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
森山未來×満島ひかり×勝地涼×宮崎あおい×小池栄子×松田龍平
『北のカナリアたち』
厳寒の中で作られた「湯気の立った映画」
『北のカナリアたち』森山未來×満島ひかり×勝地涼×宮崎あおい×小池栄子×松田龍平 単独インタビュー

取材・文:浅見祥子 写真:吉岡希鼓斗

湊かなえの「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」を原案に『劔岳 点の記』で監督を務めた木村大作が撮影、『大鹿村騒動記』の阪本順治監督が映画化した『北のカナリアたち』。主演の吉永小百合が演じるのは、北海道の離島で小学校教師をしていた川島はる。合唱を通じて子どもたちの心を照らしたはるは、なぜ教職を追われたのか? 20年後にはると生徒が再会しある事件の裏に隠された真実が明かされていく。大人になった生徒役で出演した森山未來×満島ひかり×勝地涼×宮崎あおい×小池栄子×松田龍平が、吉永との共演を振り返った。

■吉永小百合の存在

Q:吉永小百合さんに会う前と後で、印象に変化がありましたか?

松田龍平(以下、松田):僕は人に対して会う前に先入観を抱かないんですが、吉永さんは一般的にある特定のイメージで捉えられていますよね。違うアプローチができないかな? と思いましたけど、できませんでした。やっぱりすごい女優さんです。

満島ひかり(以下、満島):変な言い方かもしれませんが、「生きている」方だと思いました。生活のにおいがちゃんとしていて。映画の人だ! スターだ! と心の隅で思ってしまうかと考えていたけれど、大好きな大人に出会ったという感じでした。

小池栄子(以下、小池):そうですね。どれだけ完璧に見えても、人って他人には見えない部分がありますよね。でも吉永さんは、本当に存在するの!? と思うくらいの幻想を抱かせる。それが実際にお会いすると、同じ人間だという安心感がありました。しかもあれだけのキャリアがあったらたくさん嫌な目に遭っているだろうし、多くの人を見ているはず。その上で全てを受け止めると思わせる、人としての器の大きさを感じました。女優さんである以前に、人として大きなものを感じる生っぽさを感じたというか、とても格好いい方です。

■想像が膨らむ歌の合同練習

Q:それぞれ役の抱えるドラマをどう理解して演じましたか?

森山未來(以下、森山):壮絶なストーリーを抱えている人物なので、全て把握しようとするのもおこがましいというか。もちろん、僕なりにイメージはして行ったんですが。

宮崎あおい(以下、宮崎※「崎」は正式には「大」が「立」):これまでも、現場に入る前に役について考えることをあまりしていないので、台本を読んで感じたことだけを持って現場へ行きました。わたしが主に一緒にお芝居をしたのは勝地君です。彼とはこれまでも多く共演していて、相手役が多いので安心感があります。二人の間で何かが共有できていればブレることはないのかなと思って、余計なことを考えずに演じました。

勝地涼(以下、勝地):確かにそうです。一見、自然じゃない動きをすることがあっても、目と目を見て、そうしたいと心が動いたタイミングで自然に芝居ができればいいなと思っていました。

松田:演じていて違和感があってもキチンと説明があるので、それを受け入れようと思わせてくれる監督やスタッフ陣でしたね。そもそも(子役の)子どもたちとはる先生とのずっと続けてきた関係みたいなものが最初にあるので、余計なことを考えないでやりたいと思っていました。礼文島というロケ地の場所の助けもあるだろうし、歌というキーワードも真ん中にあったので。事前に皆で一緒に練習もしたので、とても自然にやれたと思います。

Q:事前に6人で歌の練習を?

小池:まず都内で女子だけ男子だけで、それから礼文島へ行って2日間ほど6人で練習したのですが、妙にしっくりくるんです。新鮮じゃないのが新鮮に感じました。子どもたちが歌うテープを聴いていたせいもあるかもしれません。吉永さんが練習に付き合ってくださったときも、初めて見る光景じゃない気がして不思議でした。

森山:最初は歌のピッチを決めて、それに合わせて吉永さんがタクトを振っていました。でも一度、吉永さんのテンポでやろうっていう話になって。そうすると、想像が膨らんでいって、それがとても一番良かったと思います。

勝地:僕は歌が下手で……必死でした。みんなが練習を終えても、僕だけ当たり前のように居残り練習と言われて(笑)。

森山:勝地くんは役者もスタッフも、みんながイジりたくなっちゃう不思議な魅力の持ち主なんですよ。それで現場がうまく回ったりするので、助かっています。

Q:先ほども、小池さんにイジられていましたね?

小池:(シラっと)今日、彼とはしゃべっていないですよ(笑)。

松田:まあ、今の話からもわかる通りで(笑)。

■子どもから大人へ

Q:ロケ地・北海道の印象はいかがでしたか?

宮崎:わたしはこのロケで訪れる以前、夏の礼文島へ旅行に行ったことがありました。そのとき泊まった旅館に撮影中も泊まったんです。冬だったので雪だらけでしたが、夏とこんなに見え方が違うんだなって驚きました。

Q:本作は6人が20年前を振り返り、幼いときにはわからなかった先生の苦悩や思いに気付く物語でもあります。皆さんが「大人になったな」と思うきっかけは?

森山:やはり先生という存在は大きいですね。関係は変わらないけど、大人になると交わせる言葉の内容や感じ方は絶対に変わるので。

松田:そうですね、先生も自分と同じように、何かを背負っている人間に見える瞬間に、そう感じたかもしれませんね。

勝地:僕の父親は厳しくて怖かったけど、最近は母親とどんな恋愛をしてきたか など、昔のことを聞く機会が多くなった。そういう話を聞くと、自分たちと変わらない男と女なんだなって思ったりします。

宮崎:確かに親が酔った姿を見たときや、子どもっぽい一面を見ると、女であり男なんだと思いますよね。

満島:わたしは親元を離れて14年ほどたつので、子どもの頃から大人のようで。お母さんの相談を受けたりして。だからやっとここ数年、年齢が追いついてきた気がします。

小池:あと親の老後のことを考えたりしたときとか(笑)。子どもの頃は、親の方が自分よりもはるかに多く経験していますよね。それが自分も勉強して恋愛して、結婚をして仕事をして共通の話題が増えて、一人の人間同士としてしゃべっている瞬間に大人になったなと実感します。

■ある種「湯気の立った映画」

Q:完成した映画にどんな思いを込めていますか?

松田:クリスマスの夜に子どもたちが家へ帰るというちょっとしたシーンで、家の明かりがすごくキレイだと思いました。そうした温かくていい思い出と、厳しい思い出が入り混じって語られる物語は、面白いものになりそうだなと思っています。

勝地:幼い頃の出来事や感覚に触れて、懐かしい気持ちになれると思います。

森山:難しい台本というハードルがあったからこそ、役者が身を投じてもがくことで見えてくるエネルギーや、厳しさの中にある美しい風景を切り撮った阪本監督と(木村)大作さんの画(え)。厳寒の中で作られた映画ですが、ある種「湯気の立った映画」になっているんじゃないかなと思っています。

人気と実力を兼ね備えた男女6人の役者たち。これだけのメンバーが顔をそろえると、まさに壮観。普段はライバル同士でもある彼らだが、一緒にひとつの作品を作り上げた仲間という空気が漂っていた。小池が勝地をイジる様子をみんなが楽しそうに眺めていたり、温かな雰囲気を醸し出しながら、彼らを引き付けた吉永小百合という大女優の存在に思いをはせた時間だった。

(C) 2012『北のカナリアたち』製作委員会

映画『北のカナリアたち』は全国公開中

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク