シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
今週のクローズアップ ジャニタレ映画名作選

 SMAPV6KinKi KidsNEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey! Say! JUMP……多数の人気アイドルグループが所属するジャニーズ事務所。女性たちの圧倒的な支持を集める一方、「アイドル映画」と揶揄(やゆ)されがちなジャニーズ事務所所属俳優が出演した映画の中から、映画通をうならせた名演を振り返り、彼らの魅力に迫りたい。

悪役に挑戦で名演!映画『十三人の刺客』稲垣吾郎

 それぞれが主役として活躍するSMAPのメンバーの中にいて、テレビドラマ、映画では、どちらかというと脇役として活躍しているイメージが強い稲垣吾郎。そんな稲垣が、鮮烈な印象を残し、高い評価を得たのが、三池崇史監督がメガホンを取り、2010年に公開された映画『十三人の刺客』で務めた暴君・松平斉韶役だった。

 私欲のために女の四肢を切断し、女子どもを殺害することもいとわず、自分のために一命を賭した部下もむげにする……。三池監督には、「周りから見ると暴君だが、本人は、自分は正常で、先見性があるとすら思っている」という斉韶のキャラクター像があったというが、稲垣は見事これを体現。美しさをもってそこに存在することで、悪を悪とも思わない暴君を演じ切った。その名演は、稲垣がこの演技で、第23回日刊スポーツ映画大賞助演男優賞、第65回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞したことが裏付けている。

 

『十三人の刺客』
DVD通常版3,990円(税込み)
発売元:セディックインターナショナル・小学館
販売元:東宝

時代劇に挑戦で名演!映画『武士の一分』木村拓哉

 テレビドラマ「ロングバケーション」「ラブ ジェネレーション」「ビューティフルライフ ふたりでいた日々」「HERO」など、数々のヒット作を生み出してきた木村拓哉が、映画『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く藤沢周平原作、山田洋次監督作品に出演したことは、映画『武士の一分(いちぶん)』が公開された2006年当時、大きな話題となった。

 本作で木村が演じたのは、藩主の毒見役の仕事でつぶ貝の毒にあたり失明してしまう下級武士・三村新之丞というなんともイケメンらしからぬ役どころ。木村は、「自分を役に近づけるよりも、役を自分に近づける俳優」といわれているが、本作のために殺陣や方言もしっかりとマスター。相容れることのないように思われた幕末の下級武士と“木村拓哉”を三村新之丞というキャラクターに共存させてみせたのは、もはや木村にしかできない技といってよいだろう。

 

『武士の一分』
DVD 3,990円(税込み)/ ブルーレイ 4,935円(税込み)
発売・ 販売元:松竹
(C) 2006 「武士の一分」製作委員会

ハリウッド映画に挑戦で名演!映画『硫黄島からの手紙』二宮和也

 ジャニーズ事務所所属俳優の中で最も演技力に定評があるのは、2006年に公開されたハリウッド映画『硫黄島からの手紙』での演技が海外からも高い評価を受けた二宮和也だろう。本作で二宮が抜てきされたのは、映画『ラスト サムライ』など、すでにハリウッドに活躍の場を広げていた渡辺謙に次ぐ二番手、西郷という役どころ。それは、メガホンを取ったクリント・イーストウッド監督が、日米双方の視点から「硫黄島の戦い」を描いたプロジェクトの1作となる本作で、「国のために戦って死ぬことを名誉としていた当時の日本人の中にも、アメリカ人と同じように、戦いの末に、愛する人の元に帰りたいと願う若者がいた」というメッセージを担う、プロジェクトの核となるキャラクターだった。

 国のために戦って死ななければならない当時の情勢と、「生きたい」と願う若者の素直な思い。二宮は、その葛藤を見事に表現してみせた。イーストウッド監督は、2003年に公開された舞台演出家・蜷川幸雄がメガホンを取った映画『青の炎』での二宮の演技を見て、二宮を西郷役に抜てきしたというが、二宮『青の炎』で演じた、家族との平穏な生活を守りたいがために殺人を犯してしまう少年・櫛森秀一の葛藤は、『硫黄島からの手紙』の西郷の葛藤と、通じる部分がある。『硫黄島からの手紙』が公開された際、米紙Los Angeles Timesが、二宮に関する特集記事を掲載したことも、二宮の名演の証明となり、話題となったが、そこにはジャニーズ事務所代表取締役副社長藤島ジュリーK.の語る、二宮が14歳で出演したスペシャルドラマ「天城越え」ですでにその頭角を現していたというコメントが紹介されていた。「天城越え」で二宮が務めたのは、偶然出会った娼婦(しょうふ)との旅で少年から男へと成長していく多吉役。14歳の頃から心の揺れを演じさせたら群を抜く演技力を発揮していたようだ。

 

『硫黄島からの手紙』
ブルーレイ2,500円(税込み)
DVD1,500円(税込み)
ワーナー・ホーム・ビデオ

これまでのイメージを覆すキャラクターに挑戦で名演!映画『任侠ヘルパー』草なぎ剛

 1997年に放送されたテレビドラマ「いいひと。」の演技で高い評価を受けた草なぎ。その後もこの「いいひと。」でタッグを組んだ星護監督とは、テレビドラマ「僕の生きる道」「僕の歩く道」、映画『僕と妻の1778の物語』と「僕」シリーズと呼ばれる作品群を制作し、作品によって役柄は違えど、すっかり「いいひと。」のイメージを定着させてきた。そんな草なぎが、2009年に放送されたテレビドラマ版「任侠ヘルパー」で極道者を演じるというニュースに、驚いたファンも多かったことだろう。

 正確には、ヤクザでありヘルパー(介護員)であるという相容れることのないはずの二足のわらじを履く役だったのだが、メガホンを取った西谷弘監督の演出には、「ヤクザ=悪い」という点において、ブレはない。しかも、テレビドラマ版では、まだ若干の“「いいひと。」感”が残っていた草なぎ演じる極道者・翼彦一が、草なぎ以外のキャストをがらりと一新させた劇場版では、“「いいひと。」感”をすべて払拭。さらにパワーアップした極道者に仕上がっている。これまでのイメージを覆す草なぎの演技は、一見の価値ありといえるだろう。





(C) 2012フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 WOWOW FNS27社

 稲垣木村二宮草なぎのほか、グループに所属しCDデビューすることが一種のステータスとなっているジャニーズ事務所において、まだどのグループにも所属していないにもかかわらず、数多くの舞台、テレビドラマ、映画で主演を務める生田斗真など、個性豊かな面々が所属するジャニーズ事務所。その生田は、11歳でジャニーズ事務所に入ると同時にNHK教育テレビの子ども向け教育番組「天才てれびくん」に出演、翌1997年に出演したNHK連続テレビ小説「あぐり」での演技が認められ、一気に知名度を上げた人物。二宮生田のように、幼い頃からバラエティー番組、テレビドラマ、舞台、映画などへの出演機会を与えられてきたジャニーズ事務所の俳優たちは、ほかの俳優たちよりも演技力を磨くチャンスがある。そのため、当たり役にはまったとき、演技力を爆発的に発揮するのかもしれない。

文・構成:シネマトゥデイ編集部 島村幸恵

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 16日
  5. ジャニタレ映画名作選