シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
提供:東宝東和
掲載:2015年10月30日
『エベレスト 3D』特集:それでもあなたは登りますか?標高8,848Mの登山サバイバルを体感せよ!

1996年の実話をベースに、標高8,848メートルのエベレスト登頂を目指す登山家たちの壮絶なチャレンジを、大迫力の3D映像で再現する映画『エベレスト 3D』。美しくも厳しい大自然が猛威を振るうエベレストで、次々と襲い来る困難や危機に立ち向かう主人公たち。果たして、彼らは世界最高峰の山を制覇して無事に生還できるのか? 実際にエベレストやアルプスで撮影された、超過酷なサバイバルの数々とは!?

Accident 1:登山隊が多すぎて混乱!
『エベレスト 3D』

近年、エベレストでは、登山客の殺到による渋滞が大きな問題になっている。交通渋滞であれば、目的地にたどり着くのに時間が掛かるだけのことだが、標高8,000メートル以上が死の領域(デス・ゾーン)と呼ばれ、山頂の風速が時速320キロを超え、気温はマイナス26度、気圧は地上の3分の1ともいわれるエベレストでは、渋滞が命取りになってしまうこともある。

『エベレスト 3D』

1996年春、ニュージーランドの登山ガイド会社の山岳ガイド、ロブ(ジェイソン・クラーク)は、8人のツアー客を率いて登頂に挑むが、このときもエベレストには多くの登山客が殺到していた。4度の登頂に成功しているロブは、最悪の事態を避けるため、各登山隊のリーダーに登頂日の調整を打診する。だが、天候の変わりやすいエベレストでは、登頂に適した日も限られている。残念ながら話し合いは物別れに終わってしまった。ロブたちは、一抹の不安を抱えつつも予定通りに登頂を目指すが、果たして大丈夫なのか……?

Accident 2:落ちたら死。橋から転落の危機!
『エベレスト 3D』

ベースキャンプを出発すると、そこには一面の圧倒的な銀世界が広がっている。実際にエベレスト(ネパール)でロケが行われた本作ならではの大きな見どころだ。その息をのむような美しさに思わず魅了されてしまうが、しかし穏やかに見える雪山にはさまざまな危険が潜んでいる。

『エベレスト 3D』

渋滞のため、1時間近く順番を待ち、凍えた手足で人が1人ようやく渡れるようなアルミ製のハシゴを渡っていたアメリカ人の登山愛好家ベック(ジョシュ・ブローリン)は、突然の雪崩で危うくハシゴから落ちかける。下は、底なしのクレバス。雪塊がクレバスを落ちていく映像には、背筋も凍る……!

Accident 3:突然目の前が真っ暗に!
『エベレスト 3D』

エベレストでは、登山経験豊富なベテランでも体調を崩しかねない。デス・ゾーンに到達すると、高山病のためにやむなく下山する者も出始める。バルコニーと呼ばれる8,412メートル地点に到達したとき、ベックは突然、目がかすみ、その場にうずくまってしまう。

『エベレスト 3D』

また、前年にも頂上手前で下山を余儀なくされ、雪辱を果たすべく登頂を目指すダグ(ジョン・ホークス)や別隊隊長スコット(ジェイク・ギレンホール)までもが体調不良に。役づくりのため登山経験を積んだという役者たちのリアルな演技が、見る者に山の恐ろしさを生々しく伝える!

Accident 4:負の連鎖が止まらない!
『エベレスト 3D』

ようやく山頂へと近づく一行だが、登頂経路にあるはずの固定ロープが見当らず、改めて設置し直すことに。そのため予定外の待ち時間が掛かってしまう。さらに、スペア用として設置していたはずの酸素ボンベが、なぜか全て空になっていることも判明。

『エベレスト 3D』

登頂への執念を燃やす登山隊だが、山の天候は変わりやすいため、常に冷静な判断が求められ、命を守るためには、予定の下山時刻は必ず守らなくてはいけない。過酷な雪山で気力も体力も消耗しきった人々、次から次へと起きる不測の事態。無事にエベレストの山頂へとたどり着くことができる者はいるのか? 一刻一秒を争う時間との闘いに緊張感が走る!

Accident 5:最悪!ブリザードの中で孤立!
『エベレスト 3D』

度重なるアクシデントで予定が大幅に遅れてしまったロブたち。ようやく下山を始めた彼らに、今度は突然のブリザード(暴風雪)が襲い掛かる。山頂近くの断崖絶壁に取り残された者、キャンプまで後一歩のところで遭難してしまった者などなど。

『エベレスト 3D』

視界をさえぎる暗闇と大雪、そして猛烈な嵐のせいで救助隊は遭難者のいる付近へ近づくことすらできず、登山隊の面々は完全に孤立してしまう。リアルに再現されたブリザードの凄まじさは圧巻のスケール! この絶体絶命の危機的な状況を、彼らはどうやって切り抜けるのか!?

『エベレスト 3D』

11月6日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国公開

『エベレスト 3D』公式サイトはコチラ>

『エベレスト 3D』作品情報はコチラ>

twitter>

facebook>

©Universal Pictures

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク