シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハリポタのサブ・キャラクター、新作で削除

ハリポタのサブ・キャラクター、新作で削除
『ハリポタ』メイン・キャラのエマ・ワトソンとルパート・グリント

 マイク・ニューウェル監督によるシリーズ第4弾、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で、原作に登場しているキャラクターが削られることになった。カットされてしまうのは、薬草学の先生、スプラウト教授で、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ではミリアム・マーゴーリズが演じていた。この削除について、スタジオはコメントを拒否している。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、イギリスにて2005年11月に公開予定。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 11月
  4. 17日
  5. ハリポタのサブ・キャラクター、新作で削除