シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『戦艦ポチョムキン』、ベルリン国際映画祭で上映

 2月に行われるベルリン国際映画祭で、1925年のソ連映画『戦艦ポチョムキン』の再編集バージョンが上映されることになった。オリジナル版は完全に残されていないが、この再編集版では、1920年代に検閲をうけカットされていた、革命家トロツキーの言葉も登場する。本作はセルゲイ・M・エイゼンシュテイン監督による無声映画で、ロシア船の暴動から国を揺るがす革命にいたるドラマを描いており、今回の上映では、オーケストラによるライブ・ミュージックとともに上映される予定。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 戦艦ポチョムキン from カフェビショップ (2010年3月4日 9時10分)
    映画はモンタージュ「戦艦ポチョムキン」 やっと見たなあ。 戦艦ポチョムキンという題名だけはよく知ってた。 「アンタッチャブル」の乳母車の階段落ちシーンの元ネタはポチョムキン。 モンタージュ理論で作られた映画がポチョムキン。 ということで名前だけは印.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 1月
  4. 6日
  5. 『戦艦ポチョムキン』、ベルリン国際映画祭で上映