シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画の中の間違いナンバー1は『ハリー・ポッター』

 2004年度に公開された映画のうち、時間の流れやシーンに間違いが見られた映画のトップ10がミステイクス・ドット・コムにより発表され、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が1位に選ばれた。投票結果によると、映画の中の誤りは232にのぼり、2位の『スパイダーマン2』の約4倍の数だった。誤りの例は、夜中にスネイプ教授に見つかったハリーが部屋に連れて行かれると陽が差し込んでいたり、本のサイズがシーンによって違ったというもの。2位の『スパイダーマン2』では、黒ずんでいたマスクがシーンによってはきれいだったこと、3位の『トロイ』では西から朝日が昇るシーンなどが指摘されている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 1月
  4. 14日
  5. 映画の中の間違いナンバー1は『ハリー・ポッター』