シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

どこまでが実話? 池内博之初監督作に柏原崇ツッコミ

どこまでが実話? 池内博之初監督作に柏原崇ツッコミ
仲のいい3人。(左から)大塚寧々、柏原崇、監督の池内博之

 9月30日、人気俳優、池内博之の監督デビュー作『13の月』が初日を迎え、上映館であるシネマート六本木で舞台あいさつが行われた。新進歌手カミタミカが、主題歌「まっすぐに」を披露した後、池内博之、主演の柏原崇と大塚寧々が登壇。この作品に込めた想いを語った。

 この日の主役は、何といっても、初監督に挑んだ池内博之。「こうして自分の作品が公開されるというのは、1つの節目。しばらくは緊張の日々が続きそう」と感慨深げに語る姿は、少々あがり気味だった。また、時を越えた片想いを描いた今作に「甘く切ない思い出を元にしている」とコメントすると、客席から「実話なの?」と鋭いツッコミが入る一幕も。それまで硬めだった表情が一気に崩れ、照れくさそうに「そうではないが、デフォルメさせている部分もあるというか……」と実話であることをやんわり否定した。

 「えっ、半分は実話だって言ってましたよね?」とフォロー(?)したのは、主人公、佑を演じた柏原崇。撮影前から、池内と密接な打合せをしたという彼は、「恋愛や人生、そして映画に対して、純粋な気持ちを持っている。何事にもこだわりを大事にするところにも引かれた」と“監督”池内博之の感性を絶賛した。

この映画に対する、池内の思い入れの強さは、撮影現場でも発揮された。佑が想いを馳せる女性、唯子を演じた大塚寧々は、「監督は、常に真剣で、リハーサルの時でさえ“はい、カット!”と大きな声で演技を止めることがあった」と熱気にあふれた撮影の舞台裏を披露してくれた。

 『13の月』は、余命わずかだと知らされた青年が、片想いし続けた女性と12年ぶりに再会するという愛と決断のストーリー。「恥ずかしい部分も含め、池内ってこういうやつなんだぁ……と思ってもらえる作品になった」という今作は、彼の知られざる内面が垣間見える作品に仕上がっている。

『13の月』はシネマート六本木にて公開中。
オフィシャルサイト<http://cinemaparadise.co.jp/jusannotsuki/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 13の月:映画 from 映画札幌グルメ情報のジフル (2008年11月8日 0時2分)
    今回紹介する映画は、柏原崇, 大塚寧々主演、俳優の池内博之が初めてメガホンを撮った作品『13の月』です。 13の月:ストーリー 仕事を辞めて故郷の町に戻ってきた佑(柏原崇)は、母親(吉沢京子)から唯子(大塚寧々)が近々結婚することを聞く。12年前、彼は恋人のいる唯子と深い仲になり、その恋人が事故死したことによって互いに後悔の日々を送ってきたのだ。2人は12年ぶりに再会し強く引かれ合うが、佑は脳腫瘍(しゅよう)で余命3か月と告知されていた。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 2日
  5. どこまでが実話? 池内博之初監督作に柏原崇ツッコミ