シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

キムタク、山田監督もびっくりの初体験!前代未聞の電車での記者会見!

キムタク、山田監督もびっくりの初体験!前代未聞の電車での記者会見!
地元の方と一緒に芋煮を堪能する檀れい(左)と山田洋次監督

 『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く山田洋次監督による時代劇三部作の完結編といわれている『武士の一分』。木村拓哉を主演に迎えて放つこの時代劇ロマンが完成し、山田監督、木村拓哉、檀れいがプロモーションイベントで物語のご当地、山形県の鶴岡に出かけた。

 このイベント、何が前代未聞かというと山田監督、木村拓哉、檀れいが鶴岡へ向かう交通手段だ。電車をペインティングして『武士の一分』号として改造した列車を貸し切り、新潟から鶴岡までの道中にマスコミの取材を受ける。木村拓哉も「こんなにたくさんの記者とカメラマンと一緒に線路の上にいるというのは初めて。面食らっています」と初めての体験にすこし戸惑い気味。

 山田監督も「こんな体験初めてだね。ぼくが考えたプランじゃないけどね」と列車上での記者会見の率直な感想を述べた。

 鶴岡駅に到着すると、駅も『武士の一分』一色。駅のあちらこちらに『武士の一分』と書いたのぼりや旗がはためく中、山田監督、木村拓哉、檀れいの3人はホームに降り立った。

 この日、一行は荘内神社にてヒット祈願を受けたあと、地元の人たちに芋煮をふるまわれた。神社に集まった鶴岡の人たちはスターの登場に少々興奮気味。木村が劇中でも使った地元の方言で「うめえのう」と言うと、その言葉を繰り返し口ずさんで盛り上がった。また、この日の夜は地元の公民館で『武士の一分』の上映会が行われる予定で、木村拓哉をはじめ『武士の一分』一行はサプライズで舞台あいさつに登壇する。

 時代劇三部作では「清貧」がテーマでつつましく暮らす庶民を描く山田監督だが、この日のイベントは豪華でスペシャル感満載。静かな鶴岡が華やいだ一日だった。

『武士の一分』は12月1日全国一斉公開。
オフィシャルサイト<http://www.ichibun.jp/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 3日
  5. キムタク、山田監督もびっくりの初体験!前代未聞の電車での記者会見!