シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

菊地凛子とからむ『バベル』のシブイ刑事役二階堂智を直撃!【第79回アカデミー賞】(1/2)

菊地凛子とからむ『バベル』のシブイ刑事役二階堂智を直撃!
海外からの注目度も高い二階堂智

 23日、アメリカで第79回アカデミー賞のノミネート作品と俳優が発表された。そこで、発表された一人の日本人女性・菊地凛子。アレハンドロ・イニャリトゥ監督の『バベル』でろうあの女子高生を熱演した彼女は、カンヌ映画祭でも批評家から絶賛された。

 役所広司と菊地凛子の複雑な親子関係に足を踏み入れたことで、苦悩する刑事・真宮賢治役を演じた二階堂智に、アカデミー助演女優賞候補となった菊地との共演について語ってもらった。

 菊地と二階堂の出会いは、2年前のオーディションだった。控え室で初めに会った印象を聞くと「とても真っ直ぐな瞳がとにかく印象的で、役柄への熱意がすごかった」。

 10か月間にも及ぶオーディションの期間中、何度も何度も呼び出され、最終オーディションには、菊地と二階堂のほか数名にしぼられていた。そこで、二階堂は菊地の役柄への情熱を見せつけられる。

 「オーディションの控え室での待ち時間のあいだ、彼女はずっと手話で話をしていたんです。彼女とはこれまでもオーディションのたびに会ってましたから、その熱意に驚かされましたね。2人で出演できたらいいですね。頑張りましょう! と、手話を使って言ってくれたのを良く覚えてます……。」

 その数か月後、二階堂と菊地は共にイニャリトゥ監督の演出のもと、『バベル』の現場に立っていた。

「スペイン語、英語、日本語、そして手話が飛び交うすごい現場でした(笑)。イニャリトゥ監督は、私たち役者のテンションが、最高の状態になるまで、いつまでも待ってくれるんです。自分と凛子さんとのとても、センシティブなシーンは1週間かけて撮影が行われました。それも夕方から翌日の朝方まで……。役者としてはとてもうれしい環境の中、演技に集中できましたね」

 クライマックスでの、菊地の胸にじかに触れるシーンでは「そのシチュエーションになれないように努力しました……」。というのも、このシーンの撮影だけでなんと3日間もかかったというのだ。「3日間毎日、そのシーンを繰り返すわけなので、だんだん“触れる”ことになれてきてしまうんです。新鮮な驚きを見せられるように集中しました」

 実は二階堂にとって、ハリウッド映画の現場は初めてではない。『ラスト サムライ』が映画デビューという彼は、同作でトム・クルーズ演じる大尉に付き添う少尉役を演じていたのだ。『ラスト・サムライ』に続く本作では静かな希望を与える重要な役を演じ、全米の批評家からも高い評価を受けている。イニャリトゥ監督からは、「彼の演技力の高さとスクリーン上の存在感に、美しさと気高さを覚える」と絶賛され、カンヌ映画祭にも招待された。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • バベルの菊地凛子 from セレブライフ (2007年1月29日 10時47分)
    今話題の日本女優といえば・・・ 菊地凛子さん!! オスカーにノーミネイトされるまで、名前さえ知らなかった人もいるはず。 そんな無名の菊地凛子さんは、男前俳優ブラピの映画、「バベル」に出演し、 耳の不自由な女子高生役を.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 1月
  4. 24日
  5. 菊地凛子とからむ『バベル』のシブイ刑事役二階堂智を直撃!