シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アンジェリーナ・ジョリー、人気コミックの映画化作品で殺し屋にふんする

アンジェリーナ・ジョリー、人気コミックの映画化作品で殺し屋にふんする
アンジェリーナ・ジョリー

 アンジェリーナ・ジョリーが、ユニヴァーサル・ピクチャーズの新作映画『ウォンティド』(原題)へ出演することが決まった。同作は、マーク・ミラーの同名コミック・シリーズを映画化するもので、自分の出生の謎を知ってしまった主人公が、殺された父親と同じ殺し屋の道を歩んで行くSFアクション映画だ。主人公には『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のジェームズ・マカヴォイがふんし、ジョリーは主人公に殺し屋として技術を教える女暗殺者役を演じる。モーガン・フリーマンも出演し、監督は『ナイト・ウォッチ』のロシア人監督ティムール・ベクマンベトフがあたり、撮影は5月から東欧で行われる予定だ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • またしてもアメコミからの映画化話。 from moromoro_tomoart (2007年3月26日 17時30分)
    「ウォンテッド」っていうアメコミも知らん。アメコミはもうメチャクチャな種類がある割に、日本に入って来る量が圧倒的に少な過ぎだ。情報取ろうにも「Wanted」なんていう一般的な単語のタイトルじゃ、検索かけようがないじゃんか。 アンジェリーナ・ジョリー、人気コミックの映画化作品で殺し屋にふんする(シネマトゥデイ) そんな中でも何とか米国Wikiに情報を見つけた。どうやらマトリックステイストの殺し屋の話のようだ。SFアクションと銘打たれているが、どれ位SFなのか不明。ただ、監督が「ナイト・ウォッチ」のティムー ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 3月
  4. 26日
  5. アンジェリーナ・ジョリー、人気コミックの映画化作品で殺し屋にふんする