シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エドワード・ノートン、超人ハルクにふんする

エドワード・ノートン、超人ハルクにふんする
エドワード・ノートン - Barry King / WireImage.com / MediaVast Japan

 エドワード・ノートンが、マーヴェル・コミックスの人気漫画を映画化した『ハルク』を再映画化する『ジ・インクレディブル・ハルク』(原題)で超人ハルクにふんすることが決まった。ノートンが演じるハルクことブルース・バナー役は、アン・リー監督の『ハルク』ではエリック・バナがふんした役柄だ。ストーリーは、コミックシリーズの内容やTVシリーズの内容に沿ったものになる予定で、監督は『トランスポーター』のルイ・レテリエがあたり、脚本は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のザック・ペンが手掛ける。撮影は今夏からトロントで行われ、2008年6月の全米公開を予定している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ハルク2」の主役、決定! from シネマ名画座 (2007年4月18日 17時36分)
    最新作の公開が待たれる「スパイダーマン」や「Xメン」などと同様、スタン・リー原作によるマーベルコミックス作品、「ハルク」。2003年にアン・リー監督によって実写映画化され話題とはなったものの、もともと文芸作品を得意とする監督だけにやはりエンターテインメント.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 4月
  4. 18日
  5. エドワード・ノートン、超人ハルクにふんする