シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ヘレン・ミレン、忙しすぎて女王に会えず

ヘレン・ミレン、忙しすぎて女王に会えず
ヘレン・ミレン - Barry King / WireImage.com / MediaVast Japan

 『クィーン』でエリザベス2世を演じ、本物の女王からバッキンガム宮殿での夕食会に招待されていたヘレン・ミレンが、この招待を断ることになった。大衆紙の日曜版「メール・オン・サンデー」紙によると、理由はミレンの仕事が忙しいことのよう。ミレンは「ご招待を5月1日に延期していただいたのですが、撮影のスケジュールを変更できず、この夕食会には出席できませんでした」とコメント。これまで、お茶やランチ・パーティーへの招待の話が上がっていたが実現しておらず、ある情報では、王室はこれ以上ミレンを招待しないのでは、と噂されている。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「クィーン」英国王室、最低・最悪の7日間…。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2007年5月14日 1時6分)
    “本年度アカデミー最優秀主演女優賞受賞作”「クィーン」(avex)。誰もが知ってるアノ事件の裏側で、一体何が行なわれていたのか?いや、ワイドショーではないんですけどね(^^;。  1997年5月。英国首相に就任したトニー・ブレア(マイケル・シーン)は、就任の挨拶にエリザベス女王(ヘレン・ミレン)を訪問する。その年の8月31日、パリでダイアナ元皇太子妃が、交通事故に遭遇し死去する。すぐさまブレア首相は、ダイアナを『国民のプリンセス』と称賛する声明を発表し、哀悼の意を示す。イギリスのみならず、世界各 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 5月
  4. 14日
  5. ヘレン・ミレン、忙しすぎて女王に会えず