シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『300 スリーハンドレット』ジェラルド・バトラーが割れた腹筋の秘密を語る!【独占インタビュー】(1/2)

『300 スリーハンドレット』ジェラルド・バトラーが割れた腹筋の秘密を語る!【独占インタビュー】
「写真を撮ります」といったら、シャツのボタンを4つも空けてくれました。

 8パックに割れた腹筋……、美しく鍛え上げた肉体を惜しみなくさらけ出したスパルタ軍の兵士たちが300人、100万人の軍隊に立ち向かう! それがアメリカで大ヒットを記録した『300 スリーハンドレッド』だ。作中で300人の兵士たちを率いたスパルタ王レオニダスを演じたジェラルド・バトラーが来日した。

 「撮影しているときに、ここまでのヒットを予想していたかって? はっきり言って今回の大ヒットは、自分が予想していた結果を、はるかに上回ったものだったよ。自分たちが撮影しているときは、こんなにすごいものが出来上がるなんてとても信じられなかったからね。あっという間にボックスオフィス1位。とにかくうれしかったよ!」とアメリカばかりでなく世界中での大ヒットにはジェラルド本人も驚くばかり。

 多くの観客に受け入れられた理由を、彼は「分かりやすいヒーロー像じゃないかな」と話した。「ヒーローもののアクション映画って、背景にいろいろなバックストーリーがあったり、ややこしかったりするだろ? でも、この映画『300』は本当に分かりやすいヒーローなんだ。100万人の悪いペルシャ軍をとにかくぶちのめす! という明確な目的が、300人の兵士にはある。そんなシンプルなストーリーを迫力のある映像で見せて、さらにロマンスも、親子愛も味付けされているから、観客は気に入ってくれたんだと思うよ」

 たしかに300人のスパルタ軍たちが、迫り来る100万人のペルシア軍をこれでもかと叩きのめすバトルシーンは鳥肌が立つほど壮大だ。そしてなんといってもすごいのが、スパルタ軍兵士たちの完璧なまでの肉体! 
 「このコスチュームを初めて見たときに……、これは鍛え上げないと本当にまずいなって思ったよ(笑)。いつもはシャツで隠せてる部分が全部見えてしまうことになるからね。それに、スパルタ軍はタフでいなければならないし、スパルタの王はその中でも一番タフでなければいけないんだ。だからトレーニングは大変だった。数か月のあいだ、朝から晩までとにかくトレーニングの毎日だよ。トレーニングすることが、仕事みたいなものだった。体を絞るダイエットと、過酷なトレーニング、何度も何度も腹筋をしたよ。そうすることによって、強い精神力もついたと思っているよ」
 
 ジェラルドは、スタントマンに引けを取らない見事な肉体を作り上げるために、朝から夜中まで続くバトルシーンの撮影に挑んだ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スリーハンドレッド from 【ムービーレビュー】映画の感想 (2008年4月1日 8時41分)
    マトリックスを超える“新”映像革命 かどうかはわかりませんが、300人で敵をガンガン倒すシーンは 見ていて気分が良くなります。 少人数での戦い方は利にかなっていたのかなあと思うのですが、 鎧を身に着けず、裸に近い格好で戦う理由は、わかりませんでした。 スパル.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 勝手に映画批評16 from sons and daughters -blog- (2007年6月11日 22時35分)
    【300(スリーハンドレッド)】 4点 けっこう期待して観に行ったんですが、イマイチでした。まず言うと、ストーリーが薄い。一言で「300人と100万人が戦った」っていうだけの映画って感じ。それ以上でもなくそれ以下で ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 6月
  4. 7日
  5. 『300 スリーハンドレット』ジェラルド・バトラーが割れた腹筋の秘密を語る!【独占インタビュー】