シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

田中麗奈と麻生久美子、“平和へのメッセージ”を熱く語る

田中麗奈と麻生久美子、“平和へのメッセージ”を熱く語る
まだまだ話し足りない2人。

 19日、こうの史代の同名漫画を映画化した『夕凪の街 桜の国』の特別試写会が行われ、主演の田中麗奈、麻生久美子らキャストと監督が舞台あいさつを行った。

 「作ったものより、自分の中から出てくるものを大切にしたい」と、撮影前に両親と広島にある原爆ドームに見学に行ったという田中は、映画の中のボーイッシュなイメージとは一転して、露出度の高い、パールをあしらった金色のドレス姿で登場。小顔が引き立つポニーテールスタイルで、会場からの注目を一身に集め、「今まで原爆は完結したものだと思っていたけど、まだ終わってないんだと分かりました。これは広島だけの痛みではなくて、日本中の痛み。それを分かち合うことで、温かい心が日本中に広がると思います」と熱弁をふるって平和へのメッセージを訴えた。

 また、麻生久美子も「皆実という役から、たくさんのことを学びました。生きていて良かったと、この役に出会って思ったことは、わたしにとって財産になりました。今まで原爆など知ろうとしてこなかったけど、これからはわたしたちが伝えていかなければならないと思います」と、田中同様に力強く会場に語りかけ、「原爆について話したいことがたくさんある」と訴えた。

 『夕凪の街 桜の国』は原爆投下から13年後の広島を生きる女性と、現代を生きるその姪の姿を通して、普遍的な愛や、命の尊さなどを描いた感動作。こうの史代の原作漫画は2004年に単行本として発売するや話題となり、平成16年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した。

『夕凪の街 桜の国』は7月28日より公開。
オフィシャルサイト <http://www.yunagi-sakura.jp/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「夕凪の街 桜の国」 DVDも観てみっか。 from エンタメニュース ピックアップ! (2008年4月21日 9時28分)
    この作品を目にしたのは、田中麗奈や麻生久美子の映画… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「夕凪の街 桜の国」を観る from 紫@試写会マニア (2007年7月24日 23時9分)
    日本は世界で唯一原爆の投下された国家です。「そんなの知ってる」って思ってる方、多いと思います。 では、自分の周辺に被爆された方、もしくは被爆2世、3世だよ、って知り合いが居て、その方が自ら「その事」を語って貰った事がある方、何人位いますか? 「夕凪の街 桜の国」を観てきました。 原爆投下から13年後の広島を舞台に、いつ原爆症が発病するかもしれない恐怖を抱えながら生きる女性・平野皆実(麻生久美子)が、同僚の打越から愛を打ち明けられた時に、幸せの一方で被爆した心の傷が再び痛み出し…。(『夕凪の街』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「夕凪の街 桜の国」2007年上半期に出会った、最も素晴しい1本。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2007年7月20日 18時49分)
    記事投稿 7月18日 22:37 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後1週間、継続。   観終った後、試写室のイスからなかなか立ち上げれませんでした。「夕凪の街 桜の国」(アートポート)。“原爆”をテーマにした映画ですが、優しくて温かい映画です。でも、心に“ズシン”と響きます。  《夕凪の街》  昭和33年、広島。13年前に被爆した平野皆実(麻生久美子)は、母・フジミ(藤村志保)と2人で日々を暮らしていたが、被爆の際に亡くなった、父や妹のことを常に心に思い『私は生きていてもイイのだ ...[外部サイトの続きを読む]
  • はだしのミナミ from ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル (2007年7月20日 17時51分)
    『夕凪の街 桜の国』を観た。 佐々部清監督が描く“ヒロシマ”。 &nbsp;こうの史代の世界観を映画化。 &nbsp; 昭和33年の広島市街。 原爆投下から十余年を経て、静かに活気を取り戻す“夕凪の街”。 自分が生き残った被爆体験が、心の傷となっていた皆実(麻生久美子.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 7月
  4. 20日
  5. 田中麗奈と麻生久美子、“平和へのメッセージ”を熱く語る