シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

“男があこがれる男”マット・ディロンが、主演作『酔いどれ詩人になるまえに』を語る!(1/2)

“男があこがれる男”マット・ディロンが、主演作『酔いどれ詩人になるまえに』を語る!
マット・ディロン

 マット・ディロンが、伝説の作家チャールズ・ブコウスキーを熱演し、“キャリア史上最高の演技”と絶賛を浴びている『酔いどれ詩人になるまえに』が、いよいよ明日公開される。無骨で、タフで、酒と女とギャンブルにおぼれながらも、死ぬまで作品を書き続けたブコウスキーの“作家修行時代”を描いた自伝的小説を映画化。本作で、ジョニー・デップやショーン・ペンなど多くのアーティストが心酔した男・ブコウスキーを演じたマットに話を聞いた。

 Q:本作の出演に引かれた理由を聞かせてください

 ブコウスキーは反逆の時代を象徴するような人物だった。おれは、そのスピリットに引かれたんだ。

 Q:多くの役者が演じたがる“ブコウスキー”役への思いを聞かせてください

 若いときに自分がほれ込んだ人物を演じる日が来るとは思わなかったから、すごいチャレンジだと思ったよ。監督とプロデューサーに「本当に、おれでいいの?」と聞いたくらいだった。

 Q:ブコウスキーという人物は、あなたにどんな影響を与えましたか?

 20代の始めに彼の本をたくさん読んだよ。ブコウスキーの一番好きな部分は、正直さだね。彼はいつも誠実だったと思う。そして彼は物質的なことや社会的なことで得る栄誉には全く興味がなかった。社会に対して反骨精神をずっと貫いていたし、人が見ていないものを見ていたと思う。シリアスな状況を、ユーモアを持って表現できるところは、誰にも真似できないことだと思う。そういうユーモアには、ずいぶん影響を受けたね。

 Q:“ブ男”で有名なブコウスキーですが、デビュー当時から美形と言われていたあなたが“ブコウスキー”になった役作りの過程を教えてください。

 ブコウスキーと比べれば、ほとんどの男が美形だろ(笑)。体重を増やしたり、髪型も少し変えた。外見的なことではずいぶん努力したけど、彼になりきろうとは思っていなかったし、それは自分にはできない。彼の墓碑銘にもなっている「DON’T TRY」という言葉があって、つまり「頑張るな」っていうことだと思うんだけど、それはすべてを投げ出すということではないんだ。物質世界が彼を打ち負かしても、精神的には負けていなかった。頑張りはしないが、自分が信じたものに対しては絶対に妥協しなかった彼の考え方はかなりヒントになったね。

 Q:ブコウスキーの映画はたくさん作られていますが、この映画ならではのオリジナリティーはどこだと思いますか?


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 酔いどれ詩人になるまえに【映画】 from カフェビショップ (2011年6月6日 7時4分)
    「酔いどれ詩人になるまえに」 ブコウスキーの自伝映画。 酔いどれです。 自称作家の酔っ払い。 短編を書き続け新聞に投稿するも芽は出ない。 仕事につくが、仕事中に飲みに行ってすぐ首になる。 酒を飲む、女とファック、競馬、小説を書く毎日。 なんか実にい… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「酔いどれ詩人になるまえに」もう完全に酔っ払いなんだけどね from soramove (2007年10月1日 10時11分)
    「酔いどれ詩人になるまえに」★★★☆ マット・デュロン主演 ベント・ハーメル 監督、アメリカ ノルウェー 、2005年(94分) 村上龍がなにかのインタビューで 何かになるという可能性を 全部消去していったら自分には 書くことしか残らなかったと言っていた... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 酔いどれ詩人になるまえに from Pocket Warmer (2007年8月23日 8時8分)
    「酔いどれ詩人になるまえに」 劇場:シネセゾン渋谷主演:マット・ディロン監督: ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 8月
  4. 17日
  5. “男があこがれる男”マット・ディロンが、主演作『酔いどれ詩人になるまえに』を語る!