シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アン・リー監督、新作に厳しいレーティング

アン・リー監督、新作に厳しいレーティング
アン・リー監督

 ヴェネチア国際映画祭でも上映されるアン・リー監督の新作『ラスト、コーション[色・戒]』が、アメリカ映画協会(MPAA)から、17歳以下は鑑賞できない「NC−17」のレーティングを受けた。このレーティングは通常、ハードコアなホラー映画などに与えられるもので、劇場上映を目的に作られる作品にとっては死刑宣告に等しいものと言われている。多くの作品がこのレーティングを受けないように内容をカットしたり、より家族向けなものに変更するが、『ブロークバック・マウンテン』と同様、今回も配給を担当するフォーカス・フューチャーはこのレーティングを受け入れ、当初の予定通り今秋に公開するよう。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シネマニュース 第44回金馬賞の最有力作品は『ラスト、コーション/色・戒』 from Coffee and Cigarettes (2007年12月8日 11時54分)
    <映画> 第44回金馬賞の最有力作品は『ラスト、コーション/色・戒』 関連記事: 映画『ラスト、コーション/色・戒』 アン・リー監督・出演陣がPRのため来日 アメリカ映画協会主... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 8月
  4. 31日
  5. アン・リー監督、新作に厳しいレーティング