シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

世界中が東京に注目! 20回目を迎えた映画の祭典にスターが勢ぞろい!【第20回東京国際映画祭】

世界中が東京に注目! 20回目を迎えた映画の祭典にスターが勢ぞろい!
色男2人が登場!

 19日、第20回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見が開催された。会見には角川歴彦チェアマンを始め、オープニング作品の『ミッドナイト イーグル』に主演する、大沢たかおと玉木宏が登壇し、映画祭への意気込みを語った。

 東京国際映画祭の常連である大沢は、今回オープニング作品に選ばれた自身の主演作について「実際の雪山にセットを組み、凍えながら撮影した映画です。ぜひ楽しんでください」と自身たっぷりに語った。一方、今回が映画祭初参加となる玉木は「ただ、ただ10月が楽しみです!」と待ちきれない様子だった。

 28日のクロージング作品に選ばれたのは、マイケル・ピットとキーラ・ナイトレイ主演の『シルク』。本作は役所広司、芦名星、中谷美紀ら日本人キャストが出演することでも話題を呼んでいる。

 そのほかの特別招待作品として注目されている作品は、阿部寛と中谷美紀主演の『自虐の詩』、生命の神秘に迫ったドキュメンタリー『アース』、アンジェリーナ・ジョリー主演の『マイティ・ハート/愛と絆』、宮沢りえと加瀬亮主演の『オリヲン座からの招待状』、小栗旬と山田孝之共演の『クローズ ZERO』など話題作がめじろ押し。

 668本の作品の中から選ばれたコンペティション部門には、中井貴一が主演とプロデュースを務めた日中合作映画『鳳凰 わが愛』、麻生久実子が主演するイラン版「ロミオとジュリエット」とも言えるイランと日本の合作『ハーフェズ ペルシャの詩』など、日本との合作作品が選出されていることにも注目だ。

 そして、20周年を迎える今回、新たに2つの部門が開設された。1つは“映画が見た東京”部門。戦後から今日に至るまでの東京を舞台にした映画が約50本上映される。中には『ALWAYS 続・三丁目の夕日』など、話題の新作も上映される。そしてもう1つは、“ワールド・シネマ”部門。海外の映画祭で話題となった最新作が選出され、キーファー・サザーランド主演『アイ・トラスト・ユー・トゥー・キル・ミー』(原題)、シエナ・ミラー主演『インタビュー』(原題)などが上映される。

第20回東京国際映画祭は10月20日から28日まで六本木ヒルズ、渋谷bunkamuraほかで開催。
オフィシャルサイト <http://www.tiff-jp.net/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 9月
  4. 20日
  5. 世界中が東京に注目! 20回目を迎えた映画の祭典にスターが勢ぞろい!