シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『殯の森』河瀬直美監督が“魔性の女”っぷりをちらり?【山形国際ドキュメンタリー映画祭】

『殯の森』河瀬直美監督が“魔性の女”っぷりをちらり?【山形国際ドキュメンタリー映画祭】
河瀬直美監督と、「垂乳女(たらちめ)」のプロデューサーで、フランスの放送局「アルテ」の編成プロデューサー、ルチアーノ・リゴリーニ氏(山形市中央公民館にて)

 開催中の「山形国際ドキュメンタリー映画祭」で8日、河瀬直美監督作『垂乳女(たらちめ)』(インターナショナル・コンペティション部門作)のプロデューサーを務めた“育ての親”で、仏公共放送局「アルテ」のルチアーノ・リゴリーニ氏が河瀬直美とともにシンポジウムを行い、映像作家・河瀬直美の魅力を語った。

 リゴリーニ氏には同局で「La Lucarne」というドキュメンタリー番組を担当し、過去、ロシアのアレクサンドロ・ソクーロフ監督など世界の名だたる監督たちと、約10年に渡って一緒にドキュメンタリーを製作してきた大物プロデューサー。そんな彼が河瀬監督を見初めたのは、河瀬監督の回顧展が行われた、2000年のスイス「Vsions du Reel」映画祭。リゴリーニ氏は河瀬監督が生き別れた父親を捜し出すドキュメンタリー『につつまれて』(1992)に衝撃を受けたという。

 リゴリーニ氏は「あの映画に出会って、私の人生は大きく変わりました。“生”と“芸術”が密着した作品で、その彼女の哲学、心の傷、そして世界観が好きだった」と当時を振り返り、河瀬は「いきなり道ばたで声をかけられて“君は自分の作品の中でどれが一番好き?”と聞かれて“自分の作品は全部好きやん。失礼なおっちゃんやな”と思った。でもそれから映画祭期間中、わたしにつきまとい“『につつまれて』の続編を撮らないか?”って。帰国してからは直接、電話攻撃を受けた(苦笑)」と述べた。

 その後、試行錯誤しながら完成したのがルチアー二氏がプロデュースを務めた『きゃからばあ』(2001)。以後も2人は交流を続け、河瀬監督の出産と養母の介護を通して命を見つめた『垂乳女(たらちめ)』へとつながっていく。

 リゴリーニ氏は「フィクションと違い、ドキュメンタリーは編集で成り立つ。直美には編集に関する才能があると思う。言葉は違うが、クリエイティブな部分で非常に刺激になる」と河瀬監督を褒めると、河瀬も「日本のプロデューサーは“お金をかけるな”とか製作の状況で監督を追い込むが、ルチアー二氏は作品のクオリティを高めるために監督を追い込んでくれる。私生活で離婚をし、映画を作りを止めるようかと思っていたあの時期に出会い、私を飛躍的に成功へと導いてくれた人」とリゴリーニ氏に感謝の意を表した。

 まさに相思相愛の映画監督とプロデューサーの理想的な関係だが、今、リゴリーニ氏は懸念事項があるという。河瀬監督は本年度カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『殯(もがり)の森』(2007)に続き、長谷川京子主演『土日風水(仮)』を製作と、フィクション作品続き。「以前、”もう映画を作ることで苦しみたくない”と言っていた。(己をさらけ出さない)フィクションの方が楽だし、このままドキュメンタリー作家じゃなくなってしまうのではないか?」

 それを聞いた河瀬監督が、すかさず「じゃあ今度は、私とルチアー二の愛の物語をドキュメンタリーにしようか?」と提案すると、リゴリー二氏は「Oh!ナオミ~」と公衆の面前での愛の告白に戸惑いつつ、まんざらでもない様子。河瀬監督の“魔性の女”っぷりをかいま見る一コマだった。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 殯の森 from シネマDVD・映画情報館 (2009年12月10日 21時46分)
    互いに愛する家族を失った認知症の老人と女性介護士の交流を通し、人間の生と死を厳かに見つめる人間ドラマ。監督は「沙羅双樹」の河瀬直美。出演は「萌の朱雀」の尾野真千子と、これが映画初出演となるうだしげき。2007年カンヌ国際映画祭で審査員特別大賞(グランプリ)を受賞。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 10日
  5. 『殯の森』河瀬直美監督が“魔性の女”っぷりをちらり?【山形国際ドキュメンタリー映画祭】