シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

プラピとアンジーの行動はきれいごとじゃない!…人気雑誌編集長が語る【第20回東京国際映画祭】

プラピとアンジーの行動はきれいごとじゃない!…人気雑誌編集長が語る
マリ・クレールの編集長・生駒芳子氏

 25日、第20回東京国際映画祭開催中のTOHOシネマズ六本木ヒルズで、特別招待作映画『マイティ・ハート/愛と絆』が上映され、雑誌「マリ・クレール」編集長・生駒芳子氏がトーク・ショーを行った。

 本作はブラッド・ピットがプロデューサーを務め、アンジェリーナ・ジョリーが熱演を見せる社会派ドラマ。雑誌マリ・クレールでは、たびたびピットとジョリーを取りあげることがあるそうだ。

 その理由について「彼らはセレブでありながら、新しい生き方を見せてくれてるんだと思うんです。彼らはラグジュアリーな世界を楽しむだけじゃなく、アフリカで出産したり、養子縁組に取り組んだり、これからのわたしたちの生き方について答えを探しているような、または与えてくれるような活動をしています」と語り、きれいごとだけでなく、行動を起こしている2人だからこそ多くの人を惹(ひ)きつけるのだと人気の秘密を分析していた。

 生駒氏は本作を観た感想について「魂レベルで胸をえぐられたような思いがしました」と語り、その理由については「ドキュメンタリータッチで、その中に熱い“愛の物語”がある」と本作の特徴を端的に言い表していた。

 マリ・クレールはファッション誌でありながら、社会的な面も取りあげる編集方針とのことで、本当のおしゃれな人は時代・社会の流れにも敏感だからということが根底にあるらしい。

 『マイティ・ハート/愛と絆』は2002年にパキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記を映画化した社会派ドラマ。事件の真相、夫への愛をつづった原作に感銘を受けたブラッド・ピットが製作を務め、妊娠しながらも懸命に夫を捜す妻をアンジェリーナ・ジョリーが熱演する。

『マイティ・ハート/愛と絆』は11月23日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ ほかにて公開
オフィシャルサイト<http://www.mh-movie.jp/top.html>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】 「マイティ・ハート/愛と絆」は11月23日公開 from Coffee and Cigarettes (2007年11月22日 8時21分)
    今回は、映画「マイティ・ハート/愛と絆」。今、一番観たい映画。 監督、脚本:マイケル・ウィンターボトム プロデューサー:ブラッド・ピット 主演:アンジェリーナ・ジョリー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マイティ・ハート -愛と絆-』を観た from +鑑賞キロクと平和な日記+ (2007年11月6日 22時59分)
    11/5(月) 一ツ橋ホールにて試写会でした! 誠実で、ブランジェリーナ作品てことを忘れてても十分見応えあったと思います。 実際にパキスタンであった誘拐事件から30日間を描いた作品ですが、なぜもっと世界はひとつになれないのか。どうして人は宗教や生まれた国々で差別するのか。どうしてテロというのは誰かを犠牲にしていかないといけないのか…。涙や感動以上に、世界中で絶えることのない過ちへの疑問が次々とあふれ出ました。 ダニエルを奪われたマリアンヌの気持ちは、大切なパートナーを持つ人ほど心にグッ…と ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 26日
  5. プラピとアンジーの行動はきれいごとじゃない!…人気雑誌編集長が語る