シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダイヤモンドの瞳を持つ美少年!美しすぎる林遣都を直撃!(1/2)

ダイヤモンドの瞳を持つ美少年!美しすぎる林遣都を直撃!
硬派なんです!!

 昨年公開されて大ヒットを記録した野球映画『バッテリー』。この作品で3000人もの候補者の中から主役を射止め、日本映画界に彗星(すいせい)のごとくデビューした林遣都。キネマ旬報最優秀新人男優賞、日本アカデミー賞優秀新人賞を獲得し、6月には最新主演作映画『DIVE!! ダイブ!!』も公開されるなど、今、ノリりにノっている林に話を聞くことができた。

 先日2月15日に行なわれた日本アカデミー賞授賞式では、顔中から汗が吹き出して司会者から大丈夫ですか? と心配されていた林。「会場がとても暑かったのと緊張していて。自分の番になっていきなり『すごい汗ですね』と言われたので、その瞬間から汗のことしか考えられなくて、考えていたことの10分の1も言えなかった」と残念そうだった。それならこの場で言いたかったことをお願いしますと頼んでみると、「『バッテリー』では、何から何までボクにとって初めての体験で、まったく何もわからなくて不安や落ち込むこともあったんですけど、滝田監督をはじめ共演者の皆さん、ロケ地の岡山県の皆さんに支えられたおかげで賞をいただけたと思っています」と感謝の気持ちを一生懸命に語ってくれた。また、授賞式では特にオダギリジョーが印象に残っているそうだ。「格好良かったですね、雰囲気が一言で語れないくらいすごいと思いました」と日本映画界のスターが集う独特の雰囲気に感動冷めやらぬ様子だった。

 くりっと大きな瞳、ファンをとろけさすさわやかな笑顔。林といえば色白の美少年というイメージだ。しかし、本人は外見と本当の自分は全然違うと「もう毎日」思っているそうだ。「ボクは適当でめんどくさがりやで。掃除もできませんし、本当にだらしなくて中途半端なやつですね」と自己分析。確かに話す様子は男っぽいし、率直な発言からうかがえる素顔はとても硬派だ。例えば共演した俳優さんのすごかったと思うところは? と聞くと「ボクが経験してないことをたくさん経験して学んできた方々。先輩たちのすごいところを、自分はわかってるみたいな風に気安く語れないと思っています」とキッパリ。その場のノリで軽はずみな発言をしたくないという謙虚ながらも一本筋の通った性格が見受けられた。

 6月に公開予定の新作『DIVE!! ダイブ!!』では、高飛び込みに打ち込む中学生を演じている。人並み外れた瞬間視力“ダイヤモンドの瞳”を持つ天才ダイバーという役は林にピッタリだ。「努力すればその先が必ず見えるっていうテーマが、高飛び込みの競技を通じてとってもわかりやすく描かれていて、映画を観た人が自分も頑張れば何かを達成できるという気持ちになる作品です」と瞳をキラキラさせながら見どころを語ってくれた。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「バッテリー」 あさのあつこ原作: TV録画 from 朕竹林  ~映画とネットとモバイル機器な日々~ (2009年1月15日 0時15分)
    NHK青春アドベンチャーで、何度も聞いた作品。 孤高の天才ピッチャー原田巧の成長と葛藤を描く物語。 ストーリーを知っているだけにと思っていたが、なかなか感動できる。ただ、時間が短いせいか、葛藤の部分が薄い感じがした。この物語のキモは、原田巧の葛藤の部分にあると思うのだが…。 長倉豪の声がラジオドラマのときとそっくりな気がするのは気のせい!? 監督:滝田洋二郎 役者:林遣都、山田健太、菅原文太、岸谷五朗、天海祐希 →トラックバック BLOG★いくちゃん★:映画・バッテリ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 22日
  5. ダイヤモンドの瞳を持つ美少年!美しすぎる林遣都を直撃!