シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『紀元前1万年』L.A.プレミアは大盛況!主演俳優の来日も決定!

『紀元前1万年』L.A.プレミアは大盛況!主演俳優の来日も決定!
ストレイト! う、うしろ!!

 3月5日(現地時間)、ハリウッドにあるチャイニーズ・シアターでローランド・エメリッヒ監督の超大作映画『紀元前1万年』のプレミアが行われた。午後7時からのプレミアに集まった大勢のファンたちが、レッドカーペットに登場するスターの顔ぶれに大歓声を上げた。

 監督であるエメリッヒはもちろんのこと、主役を演じたスティーブン・ストレイト、ヒロイン役のカミーラ・ベ ルら本作のキャストをはじめ、俳優のティム・ロス、ジェームズ・ウッズなどそうそうたるメンバーが登場。そして一番の注目を集め、ファンたちを盛り上げたのは、先日行われた全豪オープン女子シングルスで1セットも落とさずに決勝進出し、全豪初優勝を飾った“テニス界の天使”マリア・シャラポアだ。ドレス姿のシャラポアの登場でよりいっそう煌(きら)びやかになった会場のボルテージは最高潮に。
 
 前作『デイ・アフター・トゥモロー』で誰も見たことがない驚がくの世界を描いたエメリッヒ監督は、またもや前人未到の世界観を描くことに成功した。それが『紀元前1万年』だ。マンモスや凶暴な野生動物たちが闊歩(かっぽ)する紀元前を舞台にした冒険アドベンチャー作品で、マンモスの大群やサーベルタイガーが最新の映像技術で生き生きと描かれ、まるで「そこにいる」かのような存在感がある。構想から製作にいたるまで2年の歳月をかけたというエメリッヒ監督のこだわりは細部までいきわたり、キャスティングに関してもそのキャラクターにあった俳優を起用。無名ながらも存在感とワイルドなオーラを放つ美系俳優、ストレイトを発掘するに至った。また「ヴォーグ」誌から2006年のベスト・ドレッサーに選ばれた本作のヒロインであるカミーラ・ベルは「この手の映画の作り方を心得ている」とエメリッヒ監督を絶賛していた。

 大成功を収めたハリウッドでのプレミアだが、興奮冷めやらぬ中、エメリッヒ監督とヒロインのベル、ワイルドなイケメン主人公を演じるストレイトの来日が決定! 新たなスター&ヒロインの姿をぜひとも間近で見てみたいものだ。

映画『紀元前1万年』は4月26日より全国公開
オフィシャルサイト <http://wwws.warnerbros.co.jp/10000bc/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 紀元前1万年 from 【ムービーレビュー】映画の感想 (2008年4月29日 0時45分)
    この映画の悪い点は、 ストーリーが単調な事です。 単調な上に、 少々分かりにくい感じがしました。 良い点は、迫力ある映像です。 映像をソコソコ楽しむ映画でしょうか。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 3月
  4. 7日
  5. 『紀元前1万年』L.A.プレミアは大盛況!主演俳優の来日も決定!