シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

コリン・ファースに直撃インタビュー!ミュージカル映画『マンマ・ミーア』での美声は?(1/2)

コリン・ファースに直撃インタビュー!ミュージカル映画『マンマ・ミーア』での美声は?
優しいコリン・ファース - 写真:Nobuhiro Hosoki

 映画『ブリジット・ジョーンズの日記』『ラブ・アクチュアリー』やテレビ、舞台で活躍するコリン・ファースが映画『ウェン・ディドゥ・ユー・ラスト・シー・ユア・ファザー?』(原題)について語ってくれた。本作は、作家ブレイク・モリソンが末期がんを患った実父との交流を描いた回想録で、なぜ自分が父親を受け入れることができなかったのかを追求したドラマ作品だ。

‐あなた自身がこの役を通して得たものは何だったのでしょうか?

(コリン・ファース)具体的に「こうだ」とは言い切れない部分もあるけれど、強いて挙げるならば、自分の人生を振り返ることができたことかな。子どもを持つ父親として、また、親のいる子どもとしての自分を両方の目線で考えさせられた。実際、わたしの父親はジム・ブロードベントが演じた父親とはあまり共通点がないんだけど、このキャラクターが持つナルシストな部分や人の気を引こうとするあたりはわたしによく似ているよね。

‐ジムが演じた父親とは好ましくない関係に陥ってしまいますが、彼と共演してみていかがでした?

(コリン・ファース)ジムと初対面の初共演だったとしたら、完成した作品とは一味違った映画に仕上がっていただろうね。ジムとは2度共演しているんだけど、会うたびに彼の大きな愛情に引き込まれていったよ。ジムはとても人情的で、かわいらしい一面を持っていてね。そういった部分を持ち合わせているからこそ、彼の前では演技をする必要がないほど自然にできたんだ。ただ、彼に常に怒っているという設定のキャラクターにはかなり苦労したけど(笑)。

‐あなたがこれまで演じてきたキャラクターで、一番気に入っているキャラクターは何ですか?

(コリン・ファース)気に入った作品はいくつかあって、一つに絞るのは難しいな(笑)。そのすべてが自分の中の違う神経を刺激してくれる映画だからね。今回の映画の原作は特に気に入っているし、監督のアナンド・タッカーやジムとの共演も相まって出演の決断にはまったく時間がかからなかったんだ。連続して良作に出会えるなんて奇跡だよね。

‐これから公開されるミュージカル映画『マンマ・ミーア』(原題)の出演はいかがでしたか? 劇中では美声を披露していますが。

(コリン・ファース)う~ん、音を立ててるだけだよ(笑)。出演は楽しかったし、自由ではあったけれど、それと同じくらい恥ずかしかったね。この映画で今まで保っていた威厳は失われるだろうなぁ(笑)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 6月
  4. 10日
  5. コリン・ファースに直撃インタビュー!ミュージカル映画『マンマ・ミーア』での美声は?