シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

サラ・ジェシカ・パーカー、映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』の次も女性向け映画?

サラ・ジェシカ・パーカー、映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』の次も女性向け映画?
サラ・ジェシカ・パーカー

 劇場版映画『セックス・アンド・ザ・シティ』の公開が待ち遠しいサラ・ジェシカ・パーカーが、ワーナー・ブラザースの新作映画『ジ・アイビー・クロニクルズ』(原題)への出演交渉中であるとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画は、ニューヨークのアッパー・イースト・サイドに住む女性が、離婚し高い地位にあった仕事を失った後、ダウンタウンの小さなアパートから再出発する姿を描く女性向けのストーリーだ。映画『オーシャンズ13』のジェリー・ワイントローブがプロデュースする。

 テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリー役で人気を不動のものとしたサラ。特に、20から30代女性にはカリスマ的人気で、ファッションリーダーとしての地位も獲得しているサラにとって、この新しい役柄はぴったりではないだろうか。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 2日
  5. サラ・ジェシカ・パーカー、映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』の次も女性向け映画?