シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「時効警察」の三木聡が監督!麻生久美子がジリ貧OL、加瀬亮がモヒカン男に!?

「時効警察」の三木聡が監督!麻生久美子がジリ貧OL、加瀬亮がモヒカン男に!?
パンクロックに決めた、加瀬亮の貴重な撮影現場ショット

 15日に、横浜・日枝町にて、三木聡監督の最新作映画『インスタント沼』の撮影現場がマスコミ陣に公開された。

 当日は舞台となっている骨董(こっとう)店で、ヒロインの麻生久美子と、店主にふんする風間杜夫との激しいトークバトルを中心に撮影していた。うだるような暑さの中、何度もリハーサルを重ね、スタッフたちもピリピリムード。しかし主演の麻生は記者たちが来ていることに気付くと「よろしくお願いします!」と笑顔で声を掛けてくれるなど、撮影の合間も元気いっぱいな様子。このところ公開作が相次ぐ、実力派ベテラン女優の余裕を感じさせた。

 そんな撮影現場に、頭頂部の髪の毛をツンツンに立てて、まゆは脱色、黒の革ジャンとパンツというパンクファッションで決めた加瀬亮の姿が。これまでの優しいイメージとはかなり異なり、威圧感すら漂わせていた加瀬から直接話を聞くことができた。すると質問一つ一つに丁寧に答えてくれた上に、「麻生さんは、ほとんどのシーンに出ているので大変だと思う」と共演者を気遣ったりするなど、やはり好青年。三木監督いわく「見た目は怖いけど実はいいやつ」というキャスティングにぴったりはまっている印象を受けた。

 また、加瀬は独特のユーモアセンスに定評のある三木監督について、「最初に会ったとき、面白そうな人だと思いました。撮りたいものがすごく明確で迷いがない」と評した。最初に脚本を読んだ段階では作品をあまり理解できなかったが、三木監督に身をまかせて、日々撮影をこなしていく中で徐々にわかってくることが多いそう。そんな三木ワールドは「出てくる人たちが、みんな濃いんですよね~(笑)」とのこと。確かに、ほかの出演者たちの風ぼうもかなり独特だ。この強烈な個性のキャラクターたちが、スクリーンでどのように動き回ってくれるのか、期待したい。

 『インスタント沼』は、ままならない人生をリセットし、ひょんなことから骨董(こっとう)の魅力にはまっていく元出版社OLの運命を描くコメディー。

映画『インスタント沼』は2009年初夏よりテアトル新宿、アミューズCQNほかにて全国公開予定


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 麻生久美子主演、三木聡監督の映画『インスタント沼』は面白い? from 気になる俳優・女優の「テレビドラマ」ブログ (2008年12月21日 11時58分)
    『時効警察』『週刊真木よう子』『トンスラ』など、ユニークなテレビドラマを演出してきた三木聡。彼が監督する最新映画『インスタント沼』が気になります。主演は麻生久美子。その他の出演者は「三木組」とも言える個性的な面々で構成されています。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 22日
  5. 「時効警察」の三木聡が監督!麻生久美子がジリ貧OL、加瀬亮がモヒカン男に!?