シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

中井貴一、さっさとやめてしまう日本の首相に物申す!

中井貴一、さっさとやめてしまう日本の首相に物申す!
現代によみがえる『次郎長三国志』

 4日、浅草・浅草寺にて映画『次郎長三国志』のヒット祈願完成会見が行われ、主演の中井貴一、鈴木京香、岸部一徳、温水洋一、近藤芳正、木下ほうか、山中聡、そしてマキノ雅彦(津川雅彦)監督が登壇した。

 観光客でにぎわう浅草に、突如浴衣姿で現れた次郎長一家。仲見世通りをねり歩きながらの登場ということもあって、まさに“庶民のヒーロー見参”となった。主演の中井は「誰にあいさつをすればいいのかわからない状況でありまして、すいません。どんどん写真撮ってください」と親分らしく気前の良さをアピールすれば、「ぬ、ぬ、温水です……」とやや震えながらコメントする森の石松役の温水も本人のキャラクタを発揮。

 マキノ監督自身の叔父であるマキノ雅弘監督の十八番の作品だけに思い入れも強いと語るマキノ監督は「何よりキャストが素晴らしい。面白さに不安はありません!」と本作の個性豊かな次郎長一家に太鼓判を押した。また会見中、突然お蝶役の鈴木の手元に本物の蝶が止まるハプニングには、全員が本泣きするほどほれてしまうとその美しさを絶賛された鈴木の、自然界をも魅了するオーラをうかがわせた。

 一方の中井は「次郎長だったら、ぱっとやめてしまう日本の首相をどのようにしかりますか?」との記者からの質問に「主役っていうのは、脇役の人たちに主役にしてもらうんです。まずは人間力を持った人が首相になり、それを支える子分たちがきっちりいるっていう国を作ってもらいたいと思います」と次郎長さながらのコメントを聞かせ、会見場に居合わせた観客たちから拍手を浴びた。

 『次郎長三国志』は豪華キャストで描く、俳優・津川がマキノ名義で監督した第2作目となる痛快チャンバラ時代劇。清水の次郎長とその仲間たちの仁義、人情、愛が描かれていく。

映画『次郎長三国志』は9月20日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 9月
  4. 5日
  5. 中井貴一、さっさとやめてしまう日本の首相に物申す!