シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダニエル・クレイグ、3か月間のスカイダイブ・トレーニング

ダニエル・クレイグ、3か月間のスカイダイブ・トレーニング
ダニエル・クレイグ

 ダニエル・クレイグが、映画『007/慰めの報酬』のスタント・シーンのため、3か月間、スカイダイブのトレーニングを積んだ。これは、プロペラ飛行機が砂漠の上で撃ち落とされるシーンのスタントで、ダニエルは風を通したトンネルの中で落下訓練。映画の本番ではジェームズ・ボンドらしいクールな衣装だが、訓練では黄色と青のジャンプスーツ、白い靴下にヘルメット、黄色のアイマスクという姿で挑んだ。ダニエルはこの映画の撮影中に顔をけられて8針を縫ったり、指先をけがしたりとアクシデントに見舞われているだけに、危険なスタントの練習は万全に行ったよう。そのときの様子について、「練習のトンネル内にはカメラマンもいて、(撮影機材のような)重くて固い物体があったし、ものすごく難しくて危険な訓練だったよ」とコメントしている。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 10月
  4. 29日
  5. ダニエル・クレイグ、3か月間のスカイダイブ・トレーニング