シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

同性婚禁止案の投票に全米のハリポタ・ファンが立ち上がった?

同性婚禁止案の投票に全米のハリポタ・ファンが立ち上がった?
ハリポタ・ファンは寛容だよね!

 11月4日、ついに米国大統領選が無事に幕を閉じ、民主党大統領候補バラク・オバマ氏がアメリカ建国以来初の黒人大統領として当選した。

 今回のオバマ氏の選挙活動で大きな機動力となったのは、若者たちを始めとして、とにかく今まで選挙にまったく興味のなかったような人々の力があった。そして、なんとあのハリー・ポッターとその仲間たちも貢献したのだ。

 米国の大統領選投票日は大統領を選ぶだけの日でなく、各州ごとに法律が多少異なる米国は、同じ日に州民投票により各州の新法案の可決も行なわれるのである。今回の州法で大きな注目を集めていたのは、カリフォルニア州、フロリダ州、そしてアリゾナ州の州法の「同性同士の結婚」を禁止するかしないかという法律だ。

 アライアンスは、どちらの大統領に投票するようにとの呼びかけは行なわなかった。だが、同団体の創設者であるアンドリュー・スラック氏は、「ハリーポッター・シリーズは人間愛と人間の寛大さというテーマが根底に流れる作品だ。これを念頭において、この州法に対して投票してほしい」とファンに呼びかけた。

 ハリポタの話の中に狼男のルーピンが魔女のトンクスとの結婚を考えるエピソードがあるが、そのときルパンが、「狼男と魔女の結婚なんて不自然なのでは……?」と悩むシーンがある。だが、そんなルーピンにマクゴナガル教授は、「この世には少しでも愛が多い方が良いと語っていたダンブルドアが今ここにいたら、きっと二人の結婚を喜んでくれたに違いない」と語る。

 ローリング女史が、ハリー・ポッターのストーリーで「ダンブルドア先生は、実はゲイ」と明かしたときはファンを仰天させたものだ。だが、このストーリーを通じて、まさにハリポタ・シリーズは全世界の子どもから大人、すべての人々に人類愛と寛容の大切さを訴えているのであろう。

 残念ながら、「同性同士の結婚」禁止案は接戦だったものの可決されてしまったようだ。だが、これからこの可決を上訴するという動きが起こっており、ハリポタ・ファンを始め関係者たちはこの州法の動向を見守っている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 8日
  5. 同性婚禁止案の投票に全米のハリポタ・ファンが立ち上がった?