シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

金城武、ウエデイングドレス姿の松たか子をどうしてもおんぶしたくて……?

金城武、ウエデイングドレス姿の松たか子をどうしてもおんぶしたくて……?
おんぶ……。

 26日、アクションエンタテインメント作品『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』の完成披露試写会が東京国際フォーラムで行われ、主演の金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子、本郷奏多、益岡徹、佐藤嗣麻子監督、阿部秀司、奥田誠治プロデューサーが登壇した。会場にスモークがたかれ、さっそうと黒いマスクにマント姿の怪人二十面相が登場。その怪人が一瞬にして金城武に変身するというイリュージョンが披露され、会場は大歓声に包まれた。

 初日の現場でウェディングドレス姿の松たか子をおんぶするシーンを撮ったという金城は当時、足を怪我していた。スタッフから「おんぶするシーンは、引きは見えないので吹き替えがやってくれます」と言われたのだが「松さんはそのままで……」の言葉に思わず、「僕がやります!」と答え、頑張って演じきったと明かした。「花嫁姿すてきだなって……」とはにかむ金城に、松は「何かあったら責任を持ってケアさせていただきます……」と意味深な笑顔で答えた。

 この日、会場を一番わかせたのが仲村トオル。探偵の明智小五郎を演じているが、「小さな五郎と書きますが、小さくまとまらないように、大きくなりすぎて映画のバランスを崩さないように気を使いました……」とクールな素顔に似合わないジョークをとばし、会場に笑いを誘っていた。

 ロケではおいしいものを食べ、毎日が楽しい現場だったとキャストが話したように、その雰囲気がそのままパワーになり、観るものを魅了する作品に仕上がっている。ラストにあっと驚く展開が待ち受けている本作だが、最後に金城が「何を言ってもネタバレになっちゃうんで、ネタバレがないようにお願いします(笑)。メチャメチャ面白いんで、ぜひ観てください」と締めくくった。

 映画『ALWAYS三丁目の夕日』のスタッフが最結集し、壮大なスケールで描かれた本作は、子供から大人まで誰でもが楽しめるエンターテインメント作品に仕上がっている。

映画『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』は12月20日より全国東宝系にて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 27日
  5. 金城武、ウエデイングドレス姿の松たか子をどうしてもおんぶしたくて……?