シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『オーストラリア』は振るわず…『フォー・クリスマス』が1位に!-12月1日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『オーストラリア』は振るわず…『フォー・クリスマス』が1位に!-12月1日版
惜しい!『オーストラリア』 - (C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 イケメンのバンパイアも、クリスマス・パワーにはかなわず……! 感謝祭で4連休だったアメリカで、先週1位だったバンパイア映画『トワイライト~初恋~』をけ落として今週末トップに輝いた映画は、興行収入3,170万ドル(約31億7,000万円)を記録したドタバタコメディー映画『フォー・クリスマス』(原題)に決定! 先週、大人気だった『トワイライト~初恋~』は2,637万ドル(約26億3,700万円)で第3位に収まった。

 『フォー・クリスマス』(原題)はリース・ウェザースプーンとヴィンス・ヴォーンがカップルを演じる。二人の両親は、両組とも離婚していて音信不通。それぞれのママ側とパパ側の、計4家族をクリスマス訪問しなければならないという、とてつもなく面倒な状況に追い込まれることから始まるコメディーだ。

 この映画の面白さは、日本の年始を想像していただけるとわかりやすい。なぜなら、アメリカのクリスマスは、日本の新年によく似ているからである。アメリカのクリスマスは、日本に忘年会や新年会があるように、ドンチャン騒ぎのパーティーもあるのだが、当日はみんなが実家に戻り、家族が一堂に会してお祝いをするというのが主流なのだ。そして、久々に家族が集うことによって諸々の騒動が起きるのもこの時期……。このあたりも万国共通なのである。

 誰もが一度は経験したことのある、ホリデー・シーズンの悲喜こもごもが全米の映画ファンにまんべんなくウケた結果が、今週公開の『フォー・クリスマス』(原題)の1位につながったようである。

 前後したが今週の2位は2,660万ドル(約26億6,600万円)を売り上げたディズニー映画『ボルト』(原題)。ジョン・トラヴォルタが主人公のワンちゃん、ボルトの声で出演している。現在の2位と3位は大接戦で、3位『トワイライト~初恋~』が2,637万ドル(約26億3,700万円)、そして2位の『ボルト』(原題)が2,660万ドル(約26億6,600万円)、とデッドヒート状態。全米興行収入を発表する業界紙によっては、『トワイライト~初恋~』を2位としてランキングしているところもあるくらいの接戦だ。この2作品、現地時間月曜夕方の最終統計ではランキングが入れ替わることも十分ありえるので、最終発表が楽しみだ。

 そして今週の4位は映画『007/慰めの報酬』で1,950万ドル(約19億5,000万円)。全米ではベスト3から外れてしまったが、世界ランキングでは5週連続で堂々の1位である。5位は、バズ・ラーマン久々の監督作品である映画『オーストラリア』。この映画は今週末デビュー作品で、ホリデー超大作の一つとして注目を集めていたのだが、意外にもランキングが上がらず1,480万ドル(約14億8,000万円)の収入で5位となってしまった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 12月
  4. 2日
  5. 『オーストラリア』は振るわず…『フォー・クリスマス』が1位に!-12月1日版