シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ノーメークで体当たり演技!クリスティン・スコット・トーマスが新作を語る

ノーメークで体当たり演技!クリスティン・スコット・トーマスが新作を語る
ノーメークで体当たり演技! - Mark Von Holden / WireImage / Getty Images

 映画『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた経験のあるクリスティン・スコット・トーマスが、新作映画『アイブ・ラブド・ユー・ソー・ロング』(英題)について語ってくれた。

 15年間刑務所に服役していたジュリエット(クリスティン)と妹家族との交流で明かされていく悲劇を描く。小説「灰色の魂」など、日本でも知られる作家フィリップ・クローデルの初監督作品。

 フィリップ監督の演出についてクリスティンは「フィリップにとっては、これが初監督作品だから、キャラクターの心理を言葉で伝えることは難しいことだと思っていたの。だから、あえて彼に最初の指示を控えてもらって、まず一度は自分の感情で演じてみたの。それから、彼の演出を加えて撮影をしたわ」と語り、演技を見る限りでは、かなりのリハーサルを繰り返してきたと思わせるほど素晴らしく、意外な返答に驚かされた。

 リアを演じたエルザ・シルベルスタインとの共演については「すごくウマが合ったわ(笑)! 自分とは違うタイプの人によく驚かされるけれど、彼女もそういうタイプ。エルザには姉妹がいなくて、関係性をつかむのに苦労したみたいだけど、姉妹のいるわたしの経験を語って、エルザと二人で姉妹関係を築き上げていったの」とのこと。

 クリスティンは、ほとんどノーメークで体当たりの演技を披露している。その素晴らしい演技力でゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞にノミネートされた。(取材・文:細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 19日
  5. ノーメークで体当たり演技!クリスティン・スコット・トーマスが新作を語る