「イングリッシュ・ペイシェント」テレビシリーズ化!

画像は映画版『イングリッシュ・ペイシェント』より
画像は映画版『イングリッシュ・ペイシェント』より - Miramax Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画化もされた小説「イングリッシュ・ペイシェント」(邦題:イギリス人の患者)のテレビシリーズ化をBBCが進めているとDeadlineが報じた。

【画像】人妻と砂漠で恋…映画版『イングリッシュ・ペイシェント』フォトギャラリー

 ドーナル・グリーソン主演ドラマ「ラン(原題) / Run」やトム・ハーディ主演の「TABOO」などに参加してきた脚本家のエミリー・バルーが関わっており、企画はまだ初期段階ながらミラマックス・テレビジョンとパラマウント・テレビジョン・スタジオの共同制作作品になるという。

[PR]

 マイケル・オンダーチェが執筆した「イングリッシュ・ペイシェント」は、イギリスの権威ある文学賞であるブッカー賞受賞作。第二次世界大戦末期、イタリアの修道院を舞台に、火傷を負って身元がわからない“イギリス人の患者”、看護師のハナ、盗人のカラヴァッジョ、土木工兵のキップら4人の登場人物を追った物語だ。テレビシリーズ版は、作品賞などアカデミー賞9部門に輝いた映画版『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)のリメイクではなく、小説を新たな解釈で映像化するものになるとのこと。

 映画版のメガホンを取ったのはアンソニー・ミンゲラ監督で、“イギリス人の患者”アルマシー役はレイフ・ファインズ、ハナ役はジュリエット・ビノシュ、アルマシーと不倫関係にあったキャサリン役はクリスティン・スコット・トーマスが務め、そのほかコリン・ファースウィレム・デフォーなども出演していた。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]